タグ:おいしい店/メルボルン ( 59 ) タグの人気記事

オーストラリアのグルメ誌「Gourmet Traveller Magazine」のウェブサイトに、「メルボルンの最もロマンチックなレストラン」という特集が載ってました。


決してかしこまりすぎず、リラックスした雰囲気でいながら、おしゃれで、楽しく食事ができるレストランばかりで、さすが、Gourmet Traveller Magazine だな~、という内容。

うふふ、私のガイドブック「素敵でおいしいメルボルン&野生の島タスマニアへ」でセレクトしたレストランも、いくつもチョイスされていますよ!!

メルボルンはカフェもいいけれど、こういう、メルボルンならではのレストランでも、是非一度は食事をしてみてほしいな~と思います。


メルボルンのおしゃれ地区フィッツロイにある「LUNE」は、世界一美味しい!と評判のクロワッサンの専門店。

その「LUNE」の支店が、シティにオープンしたので、訪れてみました。

d0154118_21391589.jpg

とても小さなお店と聞いていたので、ひょっとしてテイクアウトだけなのかな?と思っていたのですが、イートインのスペースもあり、ちゃんとコーヒーも頼めます。

d0154118_14314802.jpg

d0154118_14314878.jpg

この日、私が頼んだのは、アーモンドクリームの入ったクロワッサン。表面にも香ばしいアーモンドがたっぷり載っていて、めちゃうまなんですよー。

d0154118_21391690.jpg

このアーモンドクリーム入りのクロワッサンは、1つ$9.20と驚きの値段なんですが、かなりボリュームがあるので、二人でシェアして丁度いいくらいです。ちなみに、トラディッショナルなクロワッサンは1つ$5.90です。

クロワッサンの種類はフィッツロイより少ないですし、店内のおしゃれ度はフィッツロイのほうが上ですが、フィッツロイまで行ってる暇がない!という場合や、シティ観光の途中に立ち寄るには、とても便利ですよ。

LUNE
フィッツロイ店: 119 Rose St., Fitzroy
シティ店: Shop 16/161 Collins St., Melbourne(お店の入口はRussell Street に面しています。グランドハイアットホテルの向かいです。)






先日、と~っても面白いコンセプトのレストランで食事を楽しんできました。

d0154118_21162054.jpg

メルボルンのサウスヤラにある Atlas Dining は、その名の通り、世界を旅するレストラン。
(お店の名前にもなっている "Atlas" というのは、英語で地図帳という意味。世界地図のことを、英語では "World Atlas" といいます。)

というのも、こちらのレストランでは、4か月ごとに料理のテーマが変わるんです。2年ほど前にレストランがオープンして以来、ベトナム→イスラエル→韓国→メキシコ→ペルー→フランス、と、次から次へと、各国の料理にインスパイアされたクリエイティブな料理を提供し続けています。

そんな Atlas Dining の、現在のテーマは、南米・ブラジル

私は、実際にブラジルには行ったことがないし、ブラジル料理がどんなものかも良く知らないのですが、なんか面白そうじゃない?と思って、行ってみることに!!

まず、オンラインで予約をすると、こんなコンファメーションが届きます。
d0154118_21342805.jpg
そう、搭乗券になっているんです。

でもって、当日のレストランのメニュー(お品書き)は、パスポート型。
d0154118_21162148.jpg
なんだか、食事の前から、楽しい気分になっちゃいますよね。


そして、お料理はこんな感じ。
d0154118_21162184.jpg
ちょっとカレーっぽいスパイスの効いた蟹のサラダ。ほんのり酸味が効いていて、ふわっと軽い触感で美味しい!


d0154118_21162120.jpg
アボカドとパイナップルをペースト状にしたものに、プランテインチップスとキュウリとオクラがのったもの。この日はお天気が良くてぽかぽか陽気だったので、こういうさっぱりとしたお料理は嬉しい!


d0154118_21162113.jpg
串に刺してグリルしたワイティング(キスの一種)に、生のエビ、カボチャ、ココナッツミルクとナッツを使ったお豆腐のようなものが添えてある。プレゼンテーションは美しいけど、味のほうは、特に感動するほどではなかったかな。。。

d0154118_21162166.jpg
シュラスコをアレンジした牛肉のお料理。これは絶品!!お肉の火の通し方、最高です。

d0154118_21162111.jpg
不思議な触感のケーキとパッションフルーツのカスタード。最後にケーキ系のデザートっていうのは、個人的にはちょっと重かったかな。。。

見ての通り、伝統的なブラジル料理ではなくて、ブラジル料理の要素を取り入れたクリエイティブでモダンなお料理です。

こういう、遊び心満載のレストラン、好きだわー。

こちらのレストランは、コースのみ。私たちが訪れた時は5コースのみの設定だったのですが、今現在は、土曜のランチは4コース ($65)、金~土のディナーは6コース ($95)、火~木のディナーは4コースもしくは6コースが選べるようになっているようです。

ちなみに、今回の「ブラジル」がテーマのお料理は、12月22日まで。

次回は、どこの国になるのかな???

Atlas Dining
133 Commercial Road, South Yarra VIC
Tel. 03 9826 2621






にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

昨日は、前から気になっていた、Baker Bleu というベーカリーで、パンをゲット!!

d0154118_16482294.jpg

Baker Bleu は、メルボルンの Elsternwick にあるパン屋さん。 世界のベストレストラン50で20位に輝いたメルボルンのレストランAttica も、ここのパンを使ってるんだそうです。

d0154118_16483915.jpg

私が購入したこの "Country Long(だったかな?)" というパンは、表面カリッと、中はもちもち。小麦の旨みがしっかりと感じることができる、と~っても美味しいサワードウです☆

おすすめのパン屋さんですよ!!

Baker Bleu
260 Glen Eira Road, Elsternwick VIC
Open Tue - Sun




↓ メルボルンのガイドブックはこちら



用事があって、今日はメルボルンのサウスヤラ(South Yarra)にお泊まり。

夜は、泊まっているホテルのすぐ近くにある Bar Carolina という素敵なお店へ。。。

d0154118_21595535.jpg
Bar Carolina
44 Toorak Road, South Yarra
Tel. 03 9820 9774

「Bar Carolina」っていう名前だから、てっきりアメリカ南部をテーマにしたバーだと思い込んでいたのですが、オステリアっぽいイタリアンのお店でした。
d0154118_22000287.jpg

今日は実はお昼も外食だったので、おつまみっぽい軽いものしかオーダーしなかったのですが、その中でも、このおつまみは絶品でした!!

d0154118_22000980.jpg
タピオカのパフの上に、グリルした鯛とトマトのサルサを載せたもの。鯛がとってもジューシーに仕上がっていて、フレッシュなトマトのサルサと、香ばしいタピオカのパフとの相性が抜群で、めっちゃ美味しかった〜

こんなお店に、車に乗らずに、歩いていけちゃうなんて、都会暮らしがちょっぴり羨ましくなりました。


サウスヤラからは、メルボルンのシティもすぐ近くなので、泊まってるホテルのバルコニーからは、シティの夜景が綺麗に見えます。

d0154118_21593875.jpg

写真の右手に、煌々と光を放っているのはMCG(メルボルンクリケットグラウンド)です。今日は、オーストラリアンフットボールの大きな試合が行われているんですよね。




↓ メルボルンのガイドブックはこちら



うふふ、また、おいしいお店、見つけちゃいましたよ!!

今回ご紹介するのは、メルボルンの東側にあるサバーブ、キャンバーウェル(Camberwell)にある、
Elyros とういう、モダンギリシャ料理のお店です。

d0154118_08200587.jpg

このお店、Good Food Guide(オーストラリアのミシュランみたいな本)で1ハットを獲得していて、前々から気になっていたのですが、シティから少し離れた場所にあるので、今までなかなか訪れる機会がなかったんです。 この日は、キャンバーウェルの近くで用事があったので、そのついでに、ランチに訪れてみました。

お料理は、ギリシャ料理なので、シェアして食べるのを前提にメニューが組まれています。「前菜」とか「メイン」といった区分はなく、おつまみ・小皿~中皿料理・大皿料理っていう感じに分かれていて、お店の方が「大皿料理はかなり量が多いです」とアドバイスしてくださいました。この日は夫と2人だったので、大皿料理は頼まず、小皿~中皿料理から選んでみました。

まず1品目はこちら。

d0154118_08200536.jpg
Lakertha - cured kingfish, fennel tzatziki & wild rice ($18)
ラケルダ(Lakertha)というのは、魚を塩でしめたもの。調べてみると、イワシを使うのが定番のようですが、ここではキングフィッシュ(ヒラマサ)が使われていました。塩でしめてあるといっても、それほど塩辛くはなく、お刺身風なんだけど、うまみが凝縮していて美味しい!でもって、ラケルダに添えられたツァツィキ(Tzatziki:ヨーグルトソース)の酸味と、ワイルドライスのクリスプの香ばしさが、お魚にとても良く合ってました☆


2品目はこちら。
d0154118_08200563.jpg
Trahana - pumpkin, chestnuts & feta ($16)
トラハナ(Trahana)というのは、お店の方いわく「ギリシャのクスクスみたいなもの」とのこと。実際に食べてみると、クスクスよりもつるっとした食感です。カボチャを使ってトラハナをリゾット風にしてあるのですが、上にのせられた栗の甘みとフェタチーズのしょっぱさが、いいアクセントになってました。優し~い味で、めっちゃおいしかったです。


3品目はこちら。

d0154118_08200674.jpg
John Dory - cauliflower, trahana, almond & goat butter ($20)
ジョンドーリー(John Dory)というのは、日本では「マトウダイ」と呼ばれる魚です。表面はカリッと香ばしく、中はふっくら、とても上手に調理されていました。添えられたソースも、カリフラワーも、とってもおいしかったです。ジョンドーリーって、結構高価な魚なので、これで$20っていうのは、とても安いと思います。


どのお料理も、本当においしくて、大満足!! 値段も結構手頃だし、サービスも、とってもフレンドリー。

Elyros のお料理は、私がイメージしていた一般的なギリシャ料理よりも、味付けも繊細で、盛り付けも洗練されていて、「こんなギリシャ料理もあるんだ~」と、びっくり。 このお店、めっちゃ気に入りました。

メルボルンにお住まいの方はご存知かと思いますが、Elyros があるキャンバーウェル(Camberwell)という町は、メルボルンのシティから東へ10キロほどの所にある町で、昔ながらの美しい豪邸も数多く並ぶ高級住宅街です。シティ(フリンダース・ストリート駅)からキャンバーウェルまでは、電車で約15分。キャンバーウェル駅から Elyros までは、徒歩2分です。

少し遠出をしても行く価値がありますよ!!

Elyros
871 Burke Road, Camberwell, Victoria 3124
Tel: 03 9882 8877



にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村
グルメな町メルボルンには、次から次へと新しいレストランがオープンします。

先日(6月25日)に発売になった私の著書素敵でおいしいメルボルン&野生の島タスマニアへにも、私のお気に入りのレストランやカフェをたくさん載せていますが、今日は、この本の原稿を書き終った後で見つけた新しいレストランを3軒ご紹介します!




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村
いつもブログを読んでくださっている方にお知らせです!

このたび、私の書いたメルボルンとタスマニアのガイドブックが発売されることになりました。

「素敵でおいしいメルボルン&野生の島タスマニアへ」

イカロス出版 旅のヒントBOOK 2018年6月25日発売予定 
A5判 192ページ 1,836円(税込)

d0154118_07260022.jpg

昨年からブログの更新が滞っていたのは、この本の出版作業で忙しかったから。。。

取材・写真撮影・執筆・校正と、出版のお話をいただいてから約1年の月日をかけて、ようやく完成しました!

メルボルンの素敵なカフェやレストラン、魅力的な近郊の町、郊外の山や海やワイナリー、といった観光情報が満載! そして、メルボルンから飛行機で1時間で行けるタスマニアの見どころや観光情報、旅のモデルプランなどもご紹介しています。写真もいっぱい載っています。

この本を通じて1人でも多くの方にメルボルンとタスマニアの魅力をお伝えできれば嬉しく思います。

→ ご購入はこちらから(アマゾン)

→ オーストラリア在住の方はシドニー紀伊国屋書店のオンラインショップからご購入いただけます





にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

ブログ、すっかりご無沙汰してしまいました。。。 日本帰国+アメリカ旅行で1ヶ月ほど留守にしていたのですが、2週間ほど前にオーストラリアに戻ってきました。

さて、9月に旅行に旅立つ直前に、メルボルンでは、2017年度の The Age Good Food Guide が発売となりました。

美味しいものが大好きな私にとっては、この本はバイブルみたいなもの。 ま、「食」というのは、個人の好みでかなり左右されるものなので、この本で絶賛されていたからといって、私の好みに合うと限ったわけではないのですが、移り変わりの激しいメルボルンのレストランシーンを把握するには、とても便利なガイドブックです。

Good Food Guide を読んでいて、「おっ?!」と私の目を惹いたのが、Beaconsfield にある O. MY というレストラン。こちらのレストラン、今回の Good Food Guide で、1ハットを獲得しているのですが、調べてみると、昨年度も1ハットを獲得していたようです。

ってなわけで、先週末、Beaconsfield の O. MY へ、ランチに出かけてきました。

ちなみに、Beaconsfield ってね、メルボルンに住んでる人でも「どこ?それ?」って思う人が多いと思います。メルボルンから南東に50キロほど、プリンセスハイウェイ沿いにあるサバーブです。私の住むモーニントン半島からも50キロぐらい。車で約45分ほどかかりました。

えっ、こんな場所に1ハットのレストランがあるの??と、驚いてしまうような、田舎のサバーブにある小さなレストラン。

d0154118_21251596.jpg

店内は、シックでとても落ち着いた雰囲気です。

d0154118_21271299.jpg

メニューは、4コース ($65)、6コース ($85)、8コース ($110)、というデガステーション(おまかせコース)のみ。私たちは、6コースを選びました。

まず最初に、自家製のパンとバターが出てきて、その後に出てきたおつまみがこちら。

d0154118_21320793.jpg

炭火焼?にした緑の野菜 (Warragul Green)、舟型にしたサヤエンドウに炒めたソレルを載せてボリジの花を盛ったもの、金華ハムのようにギュッと味が凝縮した鴨肉(ドライキュアしてあるのかも?)にグリルしたズッキーニの花を載せたもの。そしてサイドの小さな器に入っているのは、濃厚なコンソメスープです。

見た目も美しいし、焦がした野菜の香ばしさとか、ソレルの酸味とか、噛み締めた時にぎゅっと出てくる鴨肉の旨みとか、味と香りと食感の組み合わせが素晴らしい!


コース1品目
d0154118_21322451.jpg

ブロッコリーなどの野菜とソースが入ったパイ。上にかかってる鮮やかな黄色いものは、たしか塩漬け卵の黄身って言ってたような気がします。芸術品のように美しい!!


コース2品目
d0154118_21272408.jpg

ベビーリークの炭火焼。根っこも美味しいよ、と言われたので、ちゃんと根っこも食べましたよ!


コース3品目
d0154118_21272401.jpg

えんどう豆、ソラマメ、ナスタシウムの実などの野菜を、濃厚なチキンソースで合えたもの。野菜はお店の裏庭で今朝採れたものだそうです。 これ、マジで、めちゃうま!!


コース4品目
d0154118_21272355.jpg

豚肉をトロトロに煮込んだものの上にナスタシウムの葉っぱを載せたもの。葉っぱで隠れて見えないのでよく思い出せないんだけど、確か豚肉の下にはナスタシウムで作ったピュレのようなものが添えてあったと思います。ナスタシウムが大活躍ですね!


コース5品目
d0154118_21272327.jpg

Miners Lettuce っていう野菜の下に、柔らかく煮込んだお肉(たしか牛肉だったと思う)が隠れてます。このMiners Lettuce っていう野菜、初めて食べたけど、瑞々しくてとっても美味しい。 葉っぱの真ん中から茎が出て花が咲いてて、めっちゃ可愛い! 私も種を買って育ててみたいです☆


そして、デザートの前のお口直しに出てきたのがこれ

d0154118_21272160.jpg

これ、多分、ホエー(ヨーグルトの上澄み液)だと思います。「不思議の国のアリス」の薬瓶みたいで、楽しい!


そして、ブラッドプラムのソルベ
d0154118_21272015.jpg

パンプキンとセージのシュー生地のお菓子
d0154118_21272011.jpg

と続いて。。。


最後のデザート(コース6品目)は、トマトのアイスクリーム
d0154118_21271964.jpg

トマトといっても、ブラウンシュガーを使った濃厚なトマトジャムみたいな味。ソレルの酸味も効いていて、さっぱりと美味しかったです。


食後には、裏庭で採取したというハニーコームと、お土産用のパンも。。。

d0154118_21271990.jpg


いや~、こちらのお店、お料理も美味しいし、遊び心満載で、めっちゃ気に入っちゃいました!!

ちょっと辺鄙な場所にありますが、足を運ぶ価値がありますよ!! メルボルンの南側のサバーブに住んでいる人なら、そんなに遠くはないし、お勧めです。


O. MY
23 Woods St., Beaconsfield
Melbourne, Vic 3807
Tel. 03 9769 9000




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

本物のバゲット&クロワッサン、ということで、以前ブログで紹介したことがある ゴントラン・シェリエ(Gontran Cherrier)。(→以前のブログはこちら
d0154118_14505738.jpg
d0154118_14511188.jpg

1年ほど前から、「ゴントラン・シェリエのメルボルン店がオープンするらしい。」という噂があったのですが、ついに今週土曜日(6月18日)、メルボルン店がオープンになるそうです。

→ 詳しい記事はこちら (goodfood.com.au)

場所は、Collingwood の Smith Street。 

シティの南側に住む私としては、ちょっと行きづらい場所なんだけど、ホント、最近は、ちょっとお洒落なお店は、みんなこの辺にオープンするのよね。。。

カフェもあるらしく、近ければ、通っちゃうのにな~。

上にリンクした記事によると、ヘッドベーカーの方は日本人のようですね!!

美味しいフランスパンやクロワッサンが食べたければ、お勧めですよ☆


Gontran Cherrier Boulangerie
140 Smith Street, Collingwood VIC




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ