カテゴリ:食材( 15 )


2週間ほど前に、「実りの秋」という題材で、我が家で採れたカボチャやら林檎やらをブログに載せた時に、いつもコメントを下さるエーチャンさんから「タコが美味しい季節です」というコメントを戴いたのです。

タコに旬があるなんて知らなかったので、「へ~、そうなんだ」と思っていたら、その週末、贔屓にしている魚屋さんからの入荷情報のSMSに “Octopus” という文字があるではないですか!

巨大なタコだと消費しきれないからなあ。。。と躊躇していたのですが、お魚を買いにいった際に 見せてもらったら、割と小さめのタコだったので、思わず購入。

でも、家に帰ってきてから気付いたんだけど、私、生のタコって捌いたことがないのよね。。。 (だって、日本だと、イカは生で売ってるけど、タコは既に茹でダコになって売ってることが殆どでしょ?)

それにしても、生のタコって、めっちゃグロテスク!! これを食べようと最初に思った人はホントに勇気がありますね。

でも、ネットに書いてあった通り下処理をして茹でたら、こんなに綺麗な茹でダコになりましたよ☆

d0154118_2038721.jpg



さて、このタコを使って何を作ろうか。。。 滅多に手に入らない食材なだけに、悩む悩む!


タコを買った時点では、ガーリックとハーブを効かせたトマトソースで煮込もうと思っていたのですが、茹でダコが出来上がってみると、あまりにタコの良い香りがするので、煮込んでしまうのがもったいなくなって、結局この日は、茹でダコの脚の部分を薄く削ぎ切りにして、サラダにしました。

d0154118_20383980.jpg


ドレッシングは、シンプルに、レモンとオリーブオイルと塩コショウを少々。

タコの歯ざわりと旨みが最高です!



そして、その翌日は、残りの脚の部分を使って、おでんを作りました。

d0154118_20391216.jpg


鰹節と昆布でとった出汁で煮込んだおでん。 我がオージー夫は、おでんは好きじゃないので、これは私が独り占めです☆



そして、最後に残った頭の部分は、冷凍保存してあったのですが、今日はこれを使って、タコとセロリのパスタを作りました。

d0154118_20394839.jpg


みじん切りにしたタコとセロリとニンニクと赤唐辛子をオリーブオイルで炒めて、そこに茹でたパスタ(リングイネ)を投入して、さっと炒め、塩で味を整えたものです。

このタコとセロリのパスタは、昔、南青山のリストランテ・ヒロの山田宏巳シェフが出したパスタのレシピ本に載っていたもの。 日本では茹でダコが簡単に手に入るので、割と良く作っていたパスタです。 タコとセロリって、とっても相性がいいんですよね!


それにしても、タコの旨みってスゴイですね。 

久しぶりに、タコを、思いっきり堪能しました☆ 




にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

シドニーのホテルに滞在中、ホテルのお部屋でつまむために買ったのがこちらのチーズ。

d0154118_135637100.jpg


可愛らしい木箱入りの PICO という名前のゴートチーズ。

フランスのぺリゴール地方 (Périgord) のチーズと書いてあったので、今年5月に訪れたサルラの近くのチーズだわ♥ と、何となくぴ~んと来て購入。

熟成したソフトタイプのゴートチーズ。

d0154118_141789.jpg


これが、もう、めっちゃうま!

やっぱり、フランスのチーズって、美味しいねえ。。。と唸ってしまいました。


このチーズ、別にグルメショップやチーズ専門店で買ったわけではなく、Woolworths(オーストラリアの大手スーパーマーケット)で買ったんですよ。

今まで Woolworths にこんなチーズがあったことには気づいたことがなかったので、シドニーのシティの Woolworths だからかな?と思ったのですが、今日我が家の近くの Woolworths に行ったら同じものが置いてありました。

値段は確か11ドルぐらいだったかな?

NET100g の小さなチーズなので、グラム単位に換算すると高いんだけど、チーズなんてそんなにたくさん食べるもんじゃないしね。


ゴートチーズ(山羊のミルクのチーズ)は癖があると良く言われるけれど、これはそれほど癖はなく、食べやすいほうだと思います。

チーズ好きの方、見かけたら是非買ってみてください。 美味しいですよ☆




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
[PR]

夏にたくさん花が咲いたフィジョアの木(→こちら)、今年はこんなにたくさんの実を収穫することができました!(昨年はちっこいのが1個だけだったんですよ。)

d0154118_2138883.jpg


フィジョアの実の味は、上手く説明できないんですけど、バナナとキウイと林檎を足して3で割ったような味がする果物。 とってもアロマティックな香りがします。

もちろん生のままフルーツとして食べても美味しいのですが(縦半分に切ってスプーンですくって食べます)、たくさんあるので、お料理にも使ってみました。

d0154118_21402020.jpg


牛肉を、フィジョアの実(細かく刻んで叩いたもの)・白味噌・白ワイン・胡麻油少々を混ぜたものでマリネして、青ネギと赤唐辛子を刻んだものと一緒にフライパンで焼いてみました。

お味噌が入っているので、フィジョアの味や香りは前面に出ていませんが、フルーツの酸味と甘みで、ちょっと焼肉のたれっぽい味に仕上がりました。

美味しかったです☆



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

私は、オーストラリアの葡萄が大好きです。

オーストラリアでは、葡萄は皮ごと食べるのが普通なのですが、こちらの葡萄は、日本の葡萄に比べると、皮の渋みが少ないような気がします。

だから、皮を剥かなくても、全然気にならない。 っていうか、皮ごと食べた時の、ぷちっと皮がはじける食感が、これまた美味しいんです!

で、実の食感も、日本の葡萄は「ぷにゅっ」としたものが多いけど、こちらの葡萄は、しっかりした食感なんです。


葡萄が大好きなので、この時期、冷蔵庫にはいつも葡萄が入っている我が家。 

いつも、大体、Thompson Seedless という緑の葡萄か、 Crimson Seedlessという赤い葡萄を買っていたのですが、数ヶ月前に、Woolworths のスーパーマーケットで、Midnight Beauty という見慣れない葡萄が売っていたので買ってみたら、これが、メチャうま!!!

d0154118_2073621.jpg


黒っぽい皮の葡萄で、見かけはあまり良くないんですが、甘くて、実がしっかりしていて、皮もまったく渋くなく、ホントにホントに美味しい葡萄なんです☆

そして、物凄く大粒の葡萄なのに、種無し!

今まで食べた葡萄の中で、一番美味しい葡萄です。

今年はこの葡萄を何度も何度も購入しているのですが、今日買った Midnight Beauty は前回買ったものに比べると少し小粒。。。 そろそろシーズンが終わりに近づいてきているのかもしれません。

よくあるThompson や Crimson と比べると、お値段少々高めですが、本当に美味しい葡萄なので、見かけたら騙されたと思って是非買ってみてください。

ちなみに、この、Midnight Beauty という葡萄、私は、今まで、Woolworths でしか見かけたことがありません。

葡萄は鮮度が命なので、買うときには、実を触ってみて、カチッとしたものを選んでくださいね!!!


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
[PR]
前回の日本のカボチャに続いて、またまた「和」の食材の話題です☆

一昨日、モーニントンのDOCというイタリア食材のお店で、こんなものを見つけました。

d0154118_1941889.jpg


青紫蘇のスプラウトです!!!


このお店には、モーニントン半島のマウントマーサにあるハーブ農園で採れたフレッシュなハーブがいつも置いてあるんです。

イタリア食材店なので、いつも基本的には洋物のハーブしか置いてないと思ってたのですが、この日は、小さな鉢に植わったスプラウトが何種類か置いてあって、その一つに "Shiso" というラベルがついてるじゃないですか!!

この青紫蘇のスプラウトは1鉢しか置いてなかったのですが、売れるかどうかわからないから1鉢だけ仕入れてあったのかな。。。

モーニントンは、アジア人率が低いので、”Shiso” っていう表示だけだと、何のことかわからない人が多いんじゃないのかなあ。。。 

なんて思いながら、1鉢だけ残っていた青紫蘇のスプラウトをお買い上げ~。


この日のディナーは、この青紫蘇のスプラウトを使って。。。

d0154118_1942695.jpg

シンプルに牛肉を塩・コショウでソテーして、青紫蘇のスプラウトをトッピング。

私は、塩・コショウだけにしましたが、もちろん出来上がりにお醤油をちょびっと垂らしても美味しいですよね!


ちなみに、この牛肉は、Oyster Blade という部位のものを5ミリぐらいの厚さにスライスして使ってます。

私はお肉の部位の名前ってあんまり詳しくないのですが、この “Oyster Blade” という部位の牛肉は、以前 Moon Under Water で食べて (→こちら)美味しいなあ~、と思ったお肉です。

Oyster Blade という部位は、日本ではミスジと呼ばれ、「1頭から数百グラムしかとれないので幻と言われる」そうなのですが、オーストラリアでは、結構安いお肉なんですよ。

たしかに、あんまり頻繁には見かけないのですが、スーパーマーケットの肉売り場でも、たまに見かけます。

経済的、かつ、とっても味のある美味しい部位なんですよ。 



おっと、話が、青紫蘇から牛肉にずれちゃいましたが。。。


私は、青紫蘇が大好きなんですが、オーストラリアでは青紫蘇ってあんまり売ってないんですよね。

たぶんメルボルン近辺では売ってるところもあるんでしょうけど、私が住んでいるモーニントン半島で青紫蘇を売っているのを見かけたことは今まで一度もありませんでした。

なので、地元のマウントマーサのハーブ農園で青紫蘇を育ててると知って、ちょっと嬉しくなりました☆

青紫蘇の知名度がもっと広がって、オーストラリアでも簡単に手に入るようになって欲しいものです。



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
先日、Coles (オーストラリア大手のスーパーマーケット) で、こんなカボチャが売っていたので買ってみました。

d0154118_19381767.jpg


オーストラリア産のカボチャなんですが、KABOCHA Punpkin という表示で、ラベルの裏には "日本のカボチャパンプキン" と説明が書いてあります。

ふ~ん、でも、こんなオレンジ色の皮のカボチャって、日本ではあんまり見ないよね。。。

なんて思いながらも、「日本のカボチャ」と言われると、買わないわけにはいきません。


ちなみに、オーストラリアのカボチャ事情をご存知じゃない方のために、ちょっと説明を付け加えておきますと。。。


オーストラリアにも色んな種類のカボチャがあるのですが
d0154118_1939636.jpg

どのカボチャも、日本の栗カボチャに比べると、水分がとっても多いカボチャなんですよね。


なので、「オーストラリアのカボチャは水っぽくて不味い。。。」という在豪日本人の嘆きを耳にすることも多いです。

実際のところは、水分が多いだけであって、例えば Butternut という種類のカボチャなんかは、非常に甘みが強くて美味しいカボチャだと思うので、「オーストラリアのカボチャは水っぽくて不味い」というのは、ちょっと違うよなあ、と思うんですけどね。

それに、日本で一般的な栗カボチャは、実は、西洋カボチャなんですよね。 本当の「日本かぼちゃ」っていうのは、とっても水分が多いカボチャなんですよね。


そうは言いながらも、やっぱり日本人としては、「甘くてほっくりしたカボチャの煮付」が恋しくなる訳で。。。

おー、日本のカボチャ!! 

と、KABOCHA Pumpkin という表示を見た瞬間に、ショッピングカートに入れてました。(笑)


買って帰ってきたものの、このオレンジ色のカボチャが、ホントに日本の栗カボチャみたいなホクホクしたカボチャなのか、半信半疑だったのですが。。。

包丁を入れてみると。。。

硬い!!! 

包丁の刃が折れそうなぐらい硬い!!!

あ~、そうそう、日本の栗カボチャってのは、こんなに硬かったんだよなあ~、と思い出しました。

硬いカボチャ=水分の少ないカボチャ=ホクホクのカボチャ というわけで。。。

d0154118_1940519.jpg

めでたく、日本のカボチャの煮付にありつくことが出来ました☆

久しぶりのホクホクしたカボチャの煮付! 美味しかったです!!


このカボチャは、最近 Coles で売り出している “HATTERS” というブランドの野菜で、”Only at Coles” だそうです。

甘くてホクホクの栗カボチャが恋しい方、オススメですよ☆

ちなみに、種はしっかり洗って、乾かして。。。 来年庭に蒔こうと思ってます。



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

昨日の収穫物。。。

d0154118_21424338.jpg

収穫物と言っても、自分で釣ったわけではなくて、この間ブログで紹介したセイフティビーチのお魚屋さん(→こちら)で買ってきたもの。 ”Boarfish” という、ちょっと珍しいお魚です。

冷蔵トラックの簡易店舗でムール貝やお魚を売っているこのお店(金曜日~日曜日)。早朝から海に出て朝10時頃陸に戻って来て、お魚を売り始めます。

昨日はお昼頃に行ったのですが、先日買って美味しかった Whiting (キス) は既に売り切れ!

今日は何があるの~? と聞いてみると、Boarfish という、普段はあまり釣れない魚が釣れた、というので、見せてもらったら、見たこともない変わった風貌のお魚!

チャレンジャーな私は、即お買い上げ。 隣にいた夫は(げっ、こんな訳わからん魚を買うのかよ。。。)と、密かに思っていたに違いない。

家に帰って捌いてみると、皮が分厚くて、身が締まったお魚。 肉厚で小骨も少ないので、簡単に三枚におろすことができました。

昨晩は、切り身をシンプルに塩焼きにしたのですが、身がプリプリとして、クセもなく、上品な味のお魚でした。


身が締まっていて臭みのないお魚なので、お刺身にしても美味しいかも? と思い、数切れほどお刺身で食べてみたら、これがなかなか美味!


ってな訳で、残りは、昆布締めにしてみましたよ。

d0154118_21435279.jpg

これが、メチャうま!!!

昨日の晩御飯、塩焼きにしたのが、ちょっと勿体無かったな~。


お刺身にできる新鮮な魚が近くで手に入るようになって、めっちゃ幸せです☆



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
タヒニ (Tahini) というのは、中東の料理によく使われるゴマのペーストです。

フムス(ヒヨコ豆のディップ)やバーバガヌーシュ(焼きナスのディップ)にもタヒニが入ってるし、タヒニをレモン汁で薄めてソースにしたり、と中東料理には欠かせない素材です。

私はミドルイースタン風の料理が大好きなので、我が家の冷蔵庫にはタヒニの瓶が常備されているのですが、最近気に入っているのがこちら。

d0154118_9585643.jpg

Unhulled Tahini

この “Unhulled” というところがポイントです。

ミドルイースタンの料理に使われるタヒニは、皮が剥かれた (Hulled) ゴマのペーストなんですが、この “Unhulled Tahini” は、皮を剥いていないゴマのペーストで、いわゆる日本の練りゴマや中華の芝麻醤の味がするんです。

和風の胡麻和えや胡麻だれ、中華の棒棒鶏風のソースにも使えるので、日本人の私にとってはとっても便利☆

特に、棒棒鶏風のソースは、色々と応用が利くので、このUnhulled Tahiniを使って、よく作ります。

棒棒鶏風ソースの作り方
Unhulled Tahini大さじ2
しょうが大さじ1(みじん切り又はすりおろしたもの)
砂糖大さじ1
醤油大さじ半分
ワインビネガー大さじ2
オリーブオイル大さじ1
上の材料をよーく混ぜて出来上がり。

用途によって、オリーブオイルを減らしたり、ビネガーを増やしたり、適当に調節してください。

蒸し鶏にかけるともちろん美味しいし、フツーの生野菜にドレッシングのようにかけても美味しいです。

他にもこんなものにも使えます。

棒棒鶏風ソースでサーモンの切り身をマリネして、照り焼き風にしたもの
d0154118_1023758.jpg


棒棒鶏風ソースで鶏肉をマリネして、小麦粉を少し加えて竜田揚げにしたもの
d0154118_1030574.jpg


ミドルイースタンなお料理を作るときには普通のタヒニ (Hulled Tahini) のほうが合うと思いますが、アジアンなお料理にはこの Unhulled Tahini がオススメです。

練り胡麻や芝麻醤はアジア系食材店に行かないと手に入らないけど、タヒニならスーパーマーケットで売ってるので(大体 Health Foods の売り場に置いてあります)、我が家みたいに「近くにアジグロがない!」っていう場合でも、簡単に手に入るしね☆
[PR]
先日、何を思ったか、夫がマスタードの種を買って来て、スプラウトを育てはじめました。

パッケージの写真を見ると貝割れ大根みたいな感じだったので、「ひょっとしてこれって貝割れ大根のこと?」って思ったりもしたのですが、芽が出てきてみると、葉っぱの裏側が紫色で、貝割れ大根とは違います。

育ってくると裏側の紫色が消えて緑色になりましたが、茎の部分が貝割れ大根よりずっと細い感じです。

1本ちぎって食べてみると、正にマスタードの味! イングリッシュマスタードのような、かなりピリッとした辛味があります。

沢山できたので、皮付きの鶏肉に塩・こしょうをして、フライパンでカリッと焼いたものに、マスタード・スプラウトを山盛りにのせてみました。

d0154118_7425096.jpg

カリッと香ばしいチキンにレモンを絞って、マスタード・スプラウトを一緒に食べると、とっても美味しい。 

こういうシンプルなおかずって大好き!


これに気を良くした夫は、今度はフェネグリーク (Fenugreek) の種を買って来て、昨日からフェネグリーク・スプラウトを育て始めてます。

フェネグリークというのは、インドのスパイスで、まさにカレー粉のような香りがします。

なんでも、マスタード・スプラウトとは違って、毎日水を取り替えなきゃいけないんだそうです。

さて、どんなスプラウトができるんでしょう? スプラウトもカレ―の香りがするのかな? 
[PR]
果物はオーストラリア産のものしか買わないことにしている私。

この時期に買う果物というと、もっぱら、柑橘類、りんご、梨って感じ。

そんな中でも、梨は日本にいたときには見たこともなかったような色んな種類の梨が売っているので、珍しいもの好きの私にはとっても嬉しい。

日本の梨も ”Nashi Pear” っていう名前で売られてるのですが、日本で売ってる日本の梨に比べると全然美味しくないので、私が買うのはいわゆる洋梨。

洋梨といえども、黄緑のもの、赤いもの、茶色いもの、など、色も違えば、味や食感も様々。

d0154118_14202118.jpg
写真は rediscoverthepear.com.au よりお借りしました。


私は、黄緑色のパッカム(Packham) という種類の梨 (上の写真の一番左の梨) を買うことが多いのですが、先日 ジョセフィーヌ (Josephine) という名前の梨が売っていたので買ってみました。

d0154118_14213416.jpg

黄緑色で、パッカムをちょっとふっくらさせた感じです。

この、ジョセフィーヌという梨が、それはそれは美味しくてびっくり!!

とってもジューシーで、香りがよくて、ちょっと日本で売ってるラ・フランスみたいな感じ!!

値段がパッカムよりは高いので、調理したりサラダに使ったりするのはこれからもパッカムを買おうと思いますが、フレッシュなフルーツとして食べるならこのジョセフィーヌという梨はお勧めですよー。
[PR]