サヨリの一夜干し


海辺の魚屋さんで、新鮮なサヨリ(Garfish)が売っていたので、サヨリの一夜干しを作ってみることに。。。

魚の干物作りに挑戦するのは初めて。

ネットで「サヨリの一夜干し」で検索すると、いろいろと作り方が出てくるので、それに従って。。。

鱗と頭と内臓を取りのぞいて開いたサヨリを綺麗に水洗い。 水気をふき取り、塩水(水1リットルに塩70グラム)に1時間ほど浸けて置きます。

サヨリを塩水から取り出して、水気をよくふき取り、網の上に並べて、風通しの良いところに置いて乾燥させます。


乾燥前
d0154118_14195955.jpg



乾燥後
d0154118_14221498.jpg



私は、ベランダで半日、その後夜間は冷蔵庫の中で一晩、そしてその翌朝もう一度ベランダで数時間乾かしたので、「一夜干し」ではなく、「一昼夜干し」ですね。(笑)


出来上がった干物を、オーブンのグリルモードでさっと焼いて。。。

d0154118_14223542.jpg


干物って、魚の旨みが凝縮して、ホントに美味しい☆

背骨以外は、小骨もそのまま食べられるので、カルシウムもたっぷり摂れるし☆

好みとしては、塩分がちょっと利きすぎだったかな。 そして、もう少し生っぽくても良かったかも。。。

次回は、塩水に浸ける時間をもっと短くして、干す時間も短くして作ってみようと思います。 


今度は、鰺とか、青魚の干物を作ってみたいな~。



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by sowhat99 | 2014-04-06 14:23 | 料理 [ジャム/保存食] | Comments(4)
Commented by Yumiko at 2014-04-06 19:43 x
干物、めちゃめちゃ美味しそうです。以前青魚でやってみたんですけど(あじだったかな)、生臭く仕上がってイマイチだったんですよね。でもまたやってみようかな。
Commented by YUMI at 2014-04-07 12:46 x
うちでは主人が鮎の干物を作ってくれます。
それも生ごみ乾燥機を使って。
(生ごみ乾燥には使ってませんよ)
ちょうどいいのですよ、乾燥に。
鮎は、そのまま塩焼きよりも、干物の方が美味しいです。
Commented by sowhat99 at 2014-04-10 06:01
Yumikoさん、
やっぱり青魚は、生臭くなっちゃったりすることもあるんですね。。。 サヨリは、魚臭さがないお魚だし、身も薄いので、結構簡単にできちゃいました。
Commented by sowhat99 at 2014-04-10 06:05
Yumiさん、
鮎の干物とは、なんと贅沢な!
鮎大好きです。 でも鮎の干物は食べたことありません。
生ゴミ乾燥機を使って干物が作れちゃうんですね!
メルボルンは、乾燥した気候なので、結構簡単に干物が作れちゃいます。