ラム肉とドライフルーツの赤ワイン煮 oishii

d0154118_840090.jpg


ラムの塊肉を買ってきて、ドライフルーツと一緒に赤ワインで煮込んでみました。

使ったラム肉は、ロースト用のラムショルダー。 私が使ったのは800gの塊肉でしたが、これで4~5人分ぐらいかな。

ラム肉とドライフルーツの赤ワイン煮

① ロースト用ラムショルダー(ロースト用なので既に紐で縛って整形されたものです。 紐で整形されていない塊肉の場合は、自分で紐で縛って整形してください。)に塩コショウして、薄く油を引いた鍋で肉の表面に焼き色をつけます。

② ラムを焼いた鍋で、エシャロットみじん切り1個分、しょうが薄切り3枚、を炒め、赤ワイン250cc、水250cc、はちみつ大さじ1、ドライアプリコット4枚、乾燥いちじく4個を入れて、煮立てます。

③ 深めのキャセロール(もしくはルクルーゼとかダッチオーブンみたいなオーブンで使える鍋)に、焼き色をつけたラム肉、リークの青い部分とセロリの細い茎や葉っぱのところを入れて、②を注ぎます。

④ アルミフォイルで蓋をして、180度のオーブンに入れて3~4時間煮込みます。

⑤ 出来上がったら、肉の塊を取り出して、紐を取り除き、肉を切り分けてお皿に盛ります。

⑥ キャセロールに残った煮汁からリークとセロリを取り除き、上に溜まった脂をスプーンで取り除きます。

⑦ 肉と一緒に煮込んだドライフルーツを肉のサイドに添え、脂を取り除いた煮汁を肉の上からかけて、出来上がり。(クレスのスプラウト、レモンの皮の千切り、アーモンドフレークを最後に上から振りかけてます。)

途中、煮汁が少なすぎるようでしたら、赤ワインを足して下さい。 私は2時間ほど煮込んだところで、赤ワインをどぼどぼっと足しました。

赤ワインと水の分量は使うキャセロールや鍋の大きさによって、かなり変わってくると思います。 煮込むときにはお肉が煮汁に浸かっていたほうがいいと思いますが、あまり煮汁の量が多すぎても最後に味が絡まないような気がしますので、お肉がぎりぎり収まるぐらいの小さめの(そして深めの)キャセロールや鍋を使うといいと思います。 

ドライフルーツは、パントリーの整理もかねて、中途半端に残っていた乾燥イチジクとドライアプリコットを使いましたが、プルーンなんかを使っても美味しいと思います。

3時間半ほど煮込んだのですが、お肉がほろほろと崩れるほど柔らかくて、美味しかった~。

実は我が夫はシチューなどの煮込み料理があんまり好きじゃないのですが、これは煮汁やソースがドボドボじゃないし、どちらかというとローストに近いので、夫にも大変好評でした☆

こういうのって、あらかじめ煮込んでさえおけば、タイミングを気にすることなくサーブできるので、来客時のおもてなしにも便利ですね。
[PR]
by sowhat99 | 2012-09-04 08:48 | 料理・食べ物 | Comments(2)
Commented by jenajena at 2012-09-04 09:15
うちはコレがだーい好き♪
夫が特にラム好きなんですが、日本ではいいラム肉が
売っていないから、もっぱらネットで購入。
塊肉で購入できるsowhat99さんが羨ましいわぁ。

sowhat99さんのだんな様もスーピーな感じがあまり好きじゃ
ないんですね。ウチの夫もよ。

ちょっとスパイシーな赤ワインと一緒に頂きたいですね♪
Commented by sowhat99 at 2012-09-04 13:17
jenaさん、
ラム肉は日本では普通に売ってないですよね。。。
美味しいのにねえ~。
お肉大好きのオーストラリアでは、普通のスーパーでもお肉の品揃えは豊富。 その分、お魚の品揃えと鮮度はトホホ...ですけどね。