人気ブログランキング |
毎年4月にやってくる私の誕生日。もう何年も前から、「プレゼントはいらないから、二人でどこか食事に行こうよ」というのが定番になっています。

ということで、今年の誕生日に食事に出かけたのはこちら。

モーニントン半島にある Willow Creek Vineyard というワイナリー。

d0154118_16122060.jpg

Willow Creek Vineyard は、モーニントン半島の中でも歴史あるワイナリーの1つです。5年ほど前にオーナーが変わり、リノベーションのため数年間クローズされていたのですが、2017年に工事が完了し、リオープンしました。

新しくリオープンした Willow Creek Vineyard には、2つのレストランスペースがあります。

1つは、私のガイドブック「素敵でおいしいメルボルン&野生の島タスマニアへ」でも紹介している Rare Hare というカジュアルなレストラン。お料理がとても美味しく、また、毎日営業しているため、使い勝手が良く、私も良く利用しています。

d0154118_16122070.jpg

そして、もう1つは、敷地内に新しく建てられた Jackalope というゴージャスなブティックホテルの中にある Doot Doot Doot というレストラン。こちらは、コースメニューのみのファインダイニングのレストランで、ディナーは毎日、ランチは土日のみ営業しています。

d0154118_16122151.jpg
(Photo Credit: Jackalope)


今回は、誕生日ということで、こちらの、Doot Doot Doot にランチに訪れました。

Doot Doot Doot のメニューは、5皿のデガステーションコース($120) のみで、メインは2種類から選べるようになっています。

コースが始まる前にアミューズのおつまみが登場。
d0154118_16122172.jpg
左から、ゴートチーズをビートルートで巻いたものにリコリスを振りかけたもの / 薄くスライスしたコールラビでカンタロープメロンを包んだもの / ミニキュウリにスコルダリア(ディップ)を詰めてゴマやフィンガーライムを振りかけたもの


1皿目: Yuzu Cured Kingfish, Kaffir Lime, Kombu, Smoked Avocado
d0154118_16122116.jpg


2皿目: Sweet Corn, Polenta, Saltbush, Soured Cream
d0154118_16122165.jpg


3皿目: Grilled Marron, Wakame Butter, Beach Herbs, Finger Lime(Marron というのは西オーストラリア州でとれるザリガニの一種です)
d0154118_16122181.jpg


4皿目(メイン): Beef Short Rib, Horseradish, Shiitake Creme, Crisp Garlic
d0154118_16122169.jpg


5皿目(デザート): Quince, Miso, Honeycomb, Brown Butter Crisp
d0154118_16122250.jpg


そして、最後に、お茶菓子と共に、バースデーのチョコレートタルトも出してくれました。
d0154118_16122248.jpg
d0154118_16161725.jpg


いやー、ここ数年食べたお料理の中で、一番美味しかったかも!っていうくらい、素晴らしかったです。

どのお料理もとても美味しかったのですが、特に気に入ったのは、1皿目のキングフィッシュと4皿目のビーフ。

1皿目は、柚子で締めたキングフィッシュ・カフィアライム・昆布だし・スモークしたアボカドという、ちょっと変わった組み合わせなんだけど、すべての香りがちゃんとマッチしていて、食べたとたんに、うわーっ、と感嘆の声が漏れました。

そして、メインのビーフは、一晩かけて柔らかーく調理したビーフと椎茸の旨味たっぷりのまろやかなソースがとても良くあっていて、めちゃ旨でした。

$120のコースのみなので、ちょっと敷居が高いかもしれないけど、特別な日のランチやディナーにおすすめです!

Doot Doot Doot @ Jackalope Hotel (Willow Creek Vineyard)
166 Balnarring Road, Merricks North, VIC
Tel. 03 5931 2500
https://www.jackalopehotels.com/drink-dine/






にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村
景色も素晴らしく、レストランの食事も美味しい、グレートオーシャンロードのおすすめ宿はこちら。





旅ブログにシンガポールをアップしました。













ボルネオ島北西部のクチンを旅ブログにアップしました。





紀伊国屋書店のシドニー店で、4月21日まで、日本の書籍が20%オフのセールが行われています。

オンラインの注文も可能で、50ドル以上注文すると、オーストラリア国内の送料は無料です。

→ シドニー紀伊国屋書店 オンラインショップ

アマゾンジャパンがオーストラリアに発送してくれなくなったため、日本の本が手に入りづらくなってしまって困っている皆さん、このセールの機会を利用してみてはいかが?

もちろん、私の書いたガイドブック「素敵でおいしいメルボルン&野生の島タスマニアへ」も20%オフになっていますよ!!!

→ シドニー紀伊国屋書店 オンラインショップ「素敵でおいしいメルボルン&野生の島タスマニアへ」



にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村
旅ブログにブルネイ王国をアップしました。




旅ブログに、ボルネオ島コタキナバルをアップしました。




シドニーの絶景ウォークを3か所、旅ブログでご紹介しています。









昨日、Coles(オーストラリアの大手スーパーマーケット)で、こんなブドウが売っていたので、買ってみました。

d0154118_18503358.jpg

スイート・サファイア (Sweet Sapphire) という名前のブドウで、なんだかジェリービーンズみたいな面白い形をしたブドウです。

表面がぼこぼことしていて、ちょっと見かけは悪いけど、実がしっかりとしていて、甘くて、これ、めちゃうま!!

種なしブドウなので、手でつまんで、皮ごとパクパク食べられます。

もちろん、オーストラリア産ですよ。値段は、1キロあたり5ドルなので、そんなに高くもありません。

見かけたら是非買ってみて!!!



シドニー情報の連載第二弾、シドニーのおすすめレストランをリストアップしてみました。




旅ブログに、シドニー情報の連載を始めました。
まずは、サリーヒルズから。




12月の旅の最後は、いつもの砂漠のリゾートへ。




昨年12月に訪れたメキシコシティの旅日記を旅ブログのほうにアップしました。





12月に訪れたメキシコ南部のオアハカを旅ブログにアップしました。

オアハカは、映画「リメンバー・ミー」のモデルとなった町とも言われる、陽気な町。街並みも素敵だし、食事も美味しいし、ショッピングも楽しいし、郊外には古代遺跡もあるし! とっても魅力的な町でしたよ。








2月27日追記:5月5日の「オージーナイト・イン・メルボルン」は、残念ながら中止となってしまったとのことです。またの機会を期待しましょう!

皆さん、「クラブ・オーストラリア」という団体をご存知ですか?

クラブ・オーストラリアは、オーストラリアが大好きな仲間たちが集まり、2008年に日本で設立された会員制のファンクラブ。

クラブ発足以来、オーストラリア大使館でのパーティーや、オーストラリア関連のセミナー、オージーナイトと呼ばれる懇親会など、クラブ・オーストラリア主催のイベントが活発に行われ、2018年12月時点での会員数は2130名にも達しているのだとか。

「I💛AUSTRALIA」の人たちが、こんなにたくさん日本にいるなんて、嬉しいですね!!

→ クラブ・オーストラリアのウェブサイトはこちら

そんなクラブ・オーストラリアのメンバーの中でも、特に「メルボルン好き」の方々が、この5月にメルボルンに集結! 5月5日に『オージーナイト イン メルボルン』と題して、メルボルンで懇親会が開催されます。(詳細は、下記リンクから) (2月27日追記:5月5日の『オージーナイトインメルボルン」は中止となりました。)


とっても楽しそうなイベントですね!!!

メルボルンにお住いの皆さん、そして、ゴールデンウィークにメルボルン旅行を計画されている皆さん、参加されてみてはいかが?




昨年12月の旅行記、メキシコ中部のグアナフアトと、サンミゲル・デ・アジェンデを、旅ブログにアップしました。

2か所とも、メキシコにこんな美しい町があったのか!と驚くほど、街並みが美しく、とても楽しい旅になりました。









このところ涼しい日が続いているメルボルン。

イチジクの実が色づいてきたので、少し収穫してみました。

d0154118_20022182.jpg
今日は、いくつかサラダに入れてみましたが、ねっとりとして、味が濃く、とっても美味しいイチジクです!!

今年はイチジクが豊作なので、嬉しいな~。

オーストラリアのグルメ誌「Gourmet Traveller Magazine」のウェブサイトに、「メルボルンの最もロマンチックなレストラン」という特集が載ってました。


決してかしこまりすぎず、リラックスした雰囲気でいながら、おしゃれで、楽しく食事ができるレストランばかりで、さすが、Gourmet Traveller Magazine だな~、という内容。

うふふ、私のガイドブック「素敵でおいしいメルボルン&野生の島タスマニアへ」でセレクトしたレストランも、いくつもチョイスされていますよ!!

メルボルンはカフェもいいけれど、こういう、メルボルンならではのレストランでも、是非一度は食事をしてみてほしいな~と思います。


私はガーデニングが大好きで、そして、食いしん坊なので、我が家の庭にはたくさんの果樹を植えているのですが、今年はプラム(スモモ)が大豊作!
d0154118_14305874.jpg
このプラムは「マリポサ」という種類のもので、その名の通り(マリポサ=蝶々)、早春には、蝶々のような可憐な花をたくさんつけてくれます。(→マリポサの花はこちら

今年は特にたくさんの実をつけてくれたので、ネット(網)をかけて、しっかり実を保護。木にネットをかけるのは、とても面倒な作業なのですが、自然が豊かなところで暮らしているので、ネットをかけないと、あっという間に鳥に全て実を食べられてしまいます。。。

自宅栽培の利点は、何といっても、ちゃんと完熟するまで待ってから収穫できるということ。最近は、毎日、木を優し~くゆすって、落ちてきたものだけを収穫しています。

完熟状態で収穫したばかりのプラムは、包丁を入れると果汁が滴りおちてくるほどジューシーで、甘くて、それでいて、皮の部分はシャキッとしていて、ほどよい酸味があります。

d0154118_14305825.jpg

これから当分の間は、毎日おいしいプラムを朝食に食べることができそうです☆


メルボルンのおしゃれ地区フィッツロイにある「LUNE」は、世界一美味しい!と評判のクロワッサンの専門店。

その「LUNE」の支店が、シティにオープンしたので、訪れてみました。

d0154118_21391589.jpg

とても小さなお店と聞いていたので、ひょっとしてテイクアウトだけなのかな?と思っていたのですが、イートインのスペースもあり、ちゃんとコーヒーも頼めます。

d0154118_14314802.jpg

d0154118_14314878.jpg

この日、私が頼んだのは、アーモンドクリームの入ったクロワッサン。表面にも香ばしいアーモンドがたっぷり載っていて、めちゃうまなんですよー。

d0154118_21391690.jpg

このアーモンドクリーム入りのクロワッサンは、1つ$9.20と驚きの値段なんですが、かなりボリュームがあるので、二人でシェアして丁度いいくらいです。ちなみに、トラディッショナルなクロワッサンは1つ$5.90です。

クロワッサンの種類はフィッツロイより少ないですし、店内のおしゃれ度はフィッツロイのほうが上ですが、フィッツロイまで行ってる暇がない!という場合や、シティ観光の途中に立ち寄るには、とても便利ですよ。

LUNE
フィッツロイ店: 119 Rose St., Fitzroy
シティ店: Shop 16/161 Collins St., Melbourne(お店の入口はRussell Street に面しています。グランドハイアットホテルの向かいです。)







カリブ海の島「グレナダ」を旅ブログにアップしました。





11月に行ったネパールの旅行記を旅ブログにアップしました。

とーっても楽しかったです!! 是非ブログを読んでみてくださいね!













我が家の庭の、リリーピリー(Lilly Pilly)の花が、満開です。

d0154118_14320134.jpg

リリーピリーは、オーストラリア原産の木で、可愛いピンク色の実が生るんですよ。

今年は、実がたくさん生りそうな予感。。。 またパイでも作ってみようかな。(→ リリーピリーのパイはこちら




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村
真夏のオーストラリアから、Happy New Year !!!

d0154118_14320204.jpg
私の住むモーニントン半島は、メルボルニアンに大人気の行楽地。1月下旬のオーストラリアデーまでは、スクールホリデーということもあり、この時期は、メルボルンから多くの人たちがモーニントン半島を訪れます。

普段は、週末しかオープンしないような小さなワイナリーやファームショップなども、この時期は毎日営業するところも多いので、皆さん、是非、モーニントン半島に遊びにいらしてくださいね!!

今年もよろしくお願いします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村
中国の桂林を旅ブログにアップしました。






昨晩は、庭で収穫したビートルートをつかって、こんなサラダを作ってみました。

名付けて、ビートルートのクリスマスリース風サラダ。

d0154118_15270520.jpg

茹でたビートルートを薄切りにして並べ、アップルビネガーとオリーブオイルをふりかけ、その上に、庭にあったハーブ(フェンネルの葉とミント)、フレッシュゴートチーズ、カラメライズしたクルミを飾っただけの、簡単サラダです。

ビートルート (Beetroot) というのは、いわゆる「ビーツ (Beets)」のこと。

「素敵でおいしいメルボルン&野生の島タスマニアへ」でも、オーストラリアで是非食べてみてほしい食材、ということでご紹介していますが、ビートルートはオーストラリア人にとっては、とても身近な野菜です。

d0154118_15270470.jpg

見かけは赤カブみたいですが、蕪とはまったくの別物。コールスローのサラダなどにして生のままで食べることもできますが、火を通すと甘みが増すので、茹でてから料理に使うのが一般的です。

茹でるときは、皮を剥かずに、丸ごと茹でるのがポイント。

茹であがったビートルート。串が通ればOKです。
d0154118_15270555.jpg

冷めたら、皮を剥きます。指で簡単に剥けちゃいます。 皮を剥いたら、こんなにピッカピカ!
d0154118_15270506.jpg

今回は、茹でたものを薄切りにしてそのままサラダに使いましたが、バルサミコ酢とオリーブオイルをふりかけてローストにしても、めっちゃ美味しいです。


ビートルートを使ったレシピ











メルボルンのシティおよびシティ周辺の観光モデルコースを4ルート作成してみました。

ガイドブック素敵でおいしいメルボルン&野生の島タスマニアへをご購入いただいた方の限定記事とさせていただいています。

下のリンクから記事にアクセスして、パスワード欄に、ガイドブック p.55 でご紹介している店舗名(アルファベット)を小文字で入力してください。

メルボルン観光の参考にしていただければ幸いです。





今年3月に、マレーシアのペナン島と、マレーシア本土のイポーを訪れました。










にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

拙著「素敵でおいしいメルボルン&野生の島タスマニアへ」が発売されてから4か月が経ちました。ガイドブック に載せた情報で、多少変更になった箇所が出てきていますので、お知らせしたいと思います。








にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

先日、と~っても面白いコンセプトのレストランで食事を楽しんできました。

d0154118_21162054.jpg

メルボルンのサウスヤラにある Atlas Dining は、その名の通り、世界を旅するレストラン。
(お店の名前にもなっている "Atlas" というのは、英語で地図帳という意味。世界地図のことを、英語では "World Atlas" といいます。)

というのも、こちらのレストランでは、4か月ごとに料理のテーマが変わるんです。2年ほど前にレストランがオープンして以来、ベトナム→イスラエル→韓国→メキシコ→ペルー→フランス、と、次から次へと、各国の料理にインスパイアされたクリエイティブな料理を提供し続けています。

そんな Atlas Dining の、現在のテーマは、南米・ブラジル

私は、実際にブラジルには行ったことがないし、ブラジル料理がどんなものかも良く知らないのですが、なんか面白そうじゃない?と思って、行ってみることに!!

まず、オンラインで予約をすると、こんなコンファメーションが届きます。
d0154118_21342805.jpg
そう、搭乗券になっているんです。

でもって、当日のレストランのメニュー(お品書き)は、パスポート型。
d0154118_21162148.jpg
なんだか、食事の前から、楽しい気分になっちゃいますよね。


そして、お料理はこんな感じ。
d0154118_21162184.jpg
ちょっとカレーっぽいスパイスの効いた蟹のサラダ。ほんのり酸味が効いていて、ふわっと軽い触感で美味しい!


d0154118_21162120.jpg
アボカドとパイナップルをペースト状にしたものに、プランテインチップスとキュウリとオクラがのったもの。この日はお天気が良くてぽかぽか陽気だったので、こういうさっぱりとしたお料理は嬉しい!


d0154118_21162113.jpg
串に刺してグリルしたワイティング(キスの一種)に、生のエビ、カボチャ、ココナッツミルクとナッツを使ったお豆腐のようなものが添えてある。プレゼンテーションは美しいけど、味のほうは、特に感動するほどではなかったかな。。。

d0154118_21162166.jpg
シュラスコをアレンジした牛肉のお料理。これは絶品!!お肉の火の通し方、最高です。

d0154118_21162111.jpg
不思議な触感のケーキとパッションフルーツのカスタード。最後にケーキ系のデザートっていうのは、個人的にはちょっと重かったかな。。。

見ての通り、伝統的なブラジル料理ではなくて、ブラジル料理の要素を取り入れたクリエイティブでモダンなお料理です。

こういう、遊び心満載のレストラン、好きだわー。

こちらのレストランは、コースのみ。私たちが訪れた時は5コースのみの設定だったのですが、今現在は、土曜のランチは4コース ($65)、金~土のディナーは6コース ($95)、火~木のディナーは4コースもしくは6コースが選べるようになっているようです。

ちなみに、今回の「ブラジル」がテーマのお料理は、12月22日まで。

次回は、どこの国になるのかな???

Atlas Dining
133 Commercial Road, South Yarra VIC
Tel. 03 9826 2621






にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村