オーストラリアのグルメ誌「Gourmet Traveller Magazine」のウェブサイトに、「メルボルンの最もロマンチックなレストラン」という特集が載ってました。


決してかしこまりすぎず、リラックスした雰囲気でいながら、おしゃれで、楽しく食事ができるレストランばかりで、さすが、Gourmet Traveller Magazine だな~、という内容。

うふふ、私のガイドブック「素敵でおいしいメルボルン&野生の島タスマニアへ」でセレクトしたレストランも、いくつもチョイスされていますよ!!

メルボルンはカフェもいいけれど、こういう、メルボルンならではのレストランでも、是非一度は食事をしてみてほしいな~と思います。


私はガーデニングが大好きで、そして、食いしん坊なので、我が家の庭にはたくさんの果樹を植えているのですが、今年はプラム(スモモ)が大豊作!
d0154118_14305874.jpg
このプラムは「マリポサ」という種類のもので、その名の通り(マリポサ=蝶々)、早春には、蝶々のような可憐な花をたくさんつけてくれます。(→マリポサの花はこちら

今年は特にたくさんの実をつけてくれたので、ネット(網)をかけて、しっかり実を保護。木にネットをかけるのは、とても面倒な作業なのですが、自然が豊かなところで暮らしているので、ネットをかけないと、あっという間に鳥に全て実を食べられてしまいます。。。

自宅栽培の利点は、何といっても、ちゃんと完熟するまで待ってから収穫できるということ。最近は、毎日、木を優し~くゆすって、落ちてきたものだけを収穫しています。

完熟状態で収穫したばかりのプラムは、包丁を入れると果汁が滴りおちてくるほどジューシーで、甘くて、それでいて、皮の部分はシャキッとしていて、ほどよい酸味があります。

d0154118_14305825.jpg

これから当分の間は、毎日おいしいプラムを朝食に食べることができそうです☆


メルボルンのおしゃれ地区フィッツロイにある「LUNE」は、世界一美味しい!と評判のクロワッサンの専門店。

その「LUNE」の支店が、シティにオープンしたので、訪れてみました。

d0154118_21391589.jpg

とても小さなお店と聞いていたので、ひょっとしてテイクアウトだけなのかな?と思っていたのですが、イートインのスペースもあり、ちゃんとコーヒーも頼めます。

d0154118_14314802.jpg

d0154118_14314878.jpg

この日、私が頼んだのは、アーモンドクリームの入ったクロワッサン。表面にも香ばしいアーモンドがたっぷり載っていて、めちゃうまなんですよー。

d0154118_21391690.jpg

このアーモンドクリーム入りのクロワッサンは、1つ$9.20と驚きの値段なんですが、かなりボリュームがあるので、二人でシェアして丁度いいくらいです。ちなみに、トラディッショナルなクロワッサンは1つ$5.90です。

クロワッサンの種類はフィッツロイより少ないですし、店内のおしゃれ度はフィッツロイのほうが上ですが、フィッツロイまで行ってる暇がない!という場合や、シティ観光の途中に立ち寄るには、とても便利ですよ。

LUNE
フィッツロイ店: 119 Rose St., Fitzroy
シティ店: Shop 16/161 Collins St., Melbourne(お店の入口はRussell Street に面しています。グランドハイアットホテルの向かいです。)