タグ:レシピ [メイン] ( 127 ) タグの人気記事


今年は、どうやらライムが豊作の様子。

d0154118_2017522.jpg


我が家のライムの木、植えてからもう10年近くなると思うのですが、こんなに大きくて立派な実が沢山生ったのは初めてです。 植えた直後から、木自体はものすごく元気に成長して、幹もあっという間に太くなったし、毎年花もたくさん咲くのですが、何故だか実つきが悪かったんです。。。 っていうか、花がたくさん咲いた後、実はつくんですけど、1センチぐらいのちっちゃな実の段階で殆ど落ちちゃう状態が毎年続いていたんです。

2年ぐらいまえからようやく数個収穫できるようになってはいたんですが、今年は、数え切れないくらい沢山の実が大きくなってきていて、かなり期待できそう!!

d0154118_20173751.jpg


今年の夏は、例年より乾燥していたので、まさかこんなに沢山の実が付くとは思ってませんでした。

桃栗3年柿8年っていうけど、ライムもある程度年数が経つまでは実付きが悪いのかもしれませんね。


私は、レモンやライムとの皮を料理に使うのが好きなので、我が家でライムが採れるのはとても嬉しい!

普段、野菜や果物を買う際には、特別に「オーガニックもの」に拘るタイプではないのですが、レモンやライムなどの柑橘類って、通常皮を食べないことが前提になってると思うので、他の野菜に比べると防虫剤やら防腐剤やらが多く使われているような気がして、どうも気になっちゃう。。。 自宅で採れたものなら、そんなこと気にすることなく、皮も料理に使えますもんね!

今日は、サーモンの切身にカポナータ風のソースをのっけて、その上からライムの皮を細~く千切りしたもの+ライム果汁をふりかけて、戴きました。

d0154118_20184544.jpg


美味しかったです!




[PR]

ご無沙汰です。 またまた旅に出ておりました。

2週間ぶりに我が家に帰ってきたら、庭のトマトが、完熟トマトで鈴生り状態!!

d0154118_2054930.jpg
d0154118_2061449.jpg


熟しすぎて落ちちゃったものや、鳥(?)に食べられちゃったものもありましたが、ま、これだけ残ってくれてれば上出来でしょ?


そして、完熟状態のプラムもいくつか収穫。

d0154118_2064013.jpg



収穫したトマトとプラムを使って、今日の晩御飯はこちら。

完熟トマトのサラダ
d0154118_207457.jpg


鴨肉のプラムソース
d0154118_2073124.jpg


鴨肉はちょっと火を通しすぎちゃいましたね。。。





[PR]
d0154118_6381487.jpg


ラムのローストを薄~くスライスしてお皿に並べて、ハーブ (コリアンダー、ミント、パセリ、青葱)、ヨーグルト、ザクロ、ピスタチオナッツを散らしました。

以前ブログで紹介した「ラムのロースト夏バージョン」と一緒ですが、今回はザクロを散らしたので、意図したわけではないのですが、クリスマスカラーに!!

我が家のザクロは秋になるまで収穫できないので(ってか、今年は花も殆ど咲いてないし。。。)、このザクロはスーパーで買ってきたもの。 1個1ドルでした☆

メリークリスマス!!!


にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

今日の晩御飯はこれ。

d0154118_1958423.jpg


牛肉のソテーにサルサベルデソースをかけたもの。

サルサベルデというのは、日本語に訳すと「緑のソース」。本来はパセリをたっぷり使うのですが、今は冬なので庭のパセリはあんまり元気がない。。。 ということで、パセリの代わりに春菊の葉っぱを使ったサルサベルデです。

春菊のサルサベルデの材料は、春菊の葉っぱ・ケッパー・アンチョビ・摩り下ろしたタマネギ(ほんのちょっと)・塩コショウ・レモン汁(たっぷり)・オリーブオイル。

私は材料を細かく刻んでからすり鉢に入れてゴリゴリ潰しましたが、本当はバーミックスでガーッとやれば、もっと簡単にそしてもっと色鮮やかなソースができるんだろうな。。。

牛肉は、ステーキ肉を1センチぐらいの厚さに切ったものをソテーしましたが、薄切り肉を使っても美味しいです。

サルサベルデには、ケッパーとレモン汁が入っているので、酸味があって、さっぱりしています。私は庭にわっさわっさ茂っている春菊を使いましたが、もちろん「ベルデ=緑」は春菊じゃなくてパセリでOKですよ。

サルサベルデは、冬のオーストラリアならローストビーフのソースにしてもいいし、猛暑の日本なら冷しゃぶ風にしてこのソースを添えても美味しいかもしれませんね! 


にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

昨日の午後、旅行から戻ってきました。

長期旅行の前には、冷蔵庫の中を空っぽにして出かけるので、当然ながら帰ってきたら冷蔵庫は空っぽ。

昨晩は、冷凍庫にあった鶏のムネ肉と、パントリーにあったココナッツパウダーと、お庭の野菜を使って、こんな晩御飯を作りました。

タイ風にマリネした鶏肉をフライパンで焼いて、炒ったココナッツパウダーを振り掛けたもの。
d0154118_2383293.jpg


そして、付け合せに、春菊とコールラビとハーブたっぷりのさっぱりサラダ。
d0154118_23111331.jpg


なぜタイ風かというと、実は旅行の帰り道にトランジットでバンコクで1泊したのですが、楽しみにしていたタイ料理がいまひとつだったんですよね。。。 で、それなら、自分で作ってしまえ~という訳です。

ま、いつもの通り、思いつきレシピなんで、なんちゃってタイ料理ですが、我ながら、美味しく出来上がって感激です!


鶏肉のココナッツパウダーがけ

1. 鶏肉(皮なしムネ肉を使いました)は、薄く削ぎ切りにして、フィジョアの実(注1)をつぶしたものとナンプラー少々をもみ込んでマリネしておく。

2. 青葱は1センチぐらいの小口切りにしておく。 チリは種を取りだして、薄くスライスしておく。
ベイキングトレーにアルミフォイルを敷いたところに、ココナッツパウダーを入れ、オーブンで加熱。 時々かき混ぜながら、薄茶色に色づくまで加熱。(フライパンや鍋で炒ってもかまいません。)

3. フライパンにサラダオイルを引き、1でマリネした鶏肉を焼く。(あまりぐちゃぐちゃ混ぜないで、両面を強火で焼いてから、火を弱め、蓋をして中まで火を通すようにする。 鶏肉を焼いている途中で、刻んだ青葱を投入する。

4. 鶏肉に火が通ったら、お皿に盛り、上から3のココナッツパウダーを振りかけ、スライスしたチリを散らして、出来上がり。

(注1)フィジョアは、たまたま庭に生ってたので使っただけ。 本来は、タマリンドを使いたいところですが、なければ、ライム(もしくはレモン)+ 砂糖少々 で構いません。

ココナッツパウダーを炒って振り掛けるって、突然思いついたんだけど、香ばしくて、美味しい!

手が込んで見えるけど、超簡単なので、是非お試しを~。


春菊とコールラビのサラダ

1. 春菊は、柔らかい葉っぱの部分を選んで適当にちぎっておく。

2. コールラビは、細い千切りにしておく。

3. ミントとコリアンダー(パクチー)は、適当にちぎっておく。

4. ライムの皮の緑の部分を削ぎ切りにして、細い千切りにしておく。

5. ピーナッツを細かく刻んでおく。

6. ライムジュース + みじん切りにしたチリ + アップルサイダービネガー(注2) + オリーブオイルを混ぜて、ドレッシングを作る。

7. 食べる直前に、ボウルに1~4の野菜を入れて、6のドレッシングで和え、最後に5のピーナッツを振りかけて、出来上がり。

(注2)日本なら、普通の米酢で構いません。 オーストラリアの場合、日本の米酢は普通のスーパーではなかなか手に入らないので、私はお酢の代用品として白ワインビネガーかアップルサイダービネガーを使っています。 アップルサイダービネガーは、白ワインビネガーよりも酸味がまろやかなので、パントリーにあると便利です。(アップルサイダービネガーはオーストラリアの大手スーパーマーケットで普通に売ってます。)

春菊って、こんな風に、ハーブっぽく使っても、美味しいですね! 旅行前に蒔いておいた種からたくさん芽がでて来ているので、間引きをかねて、丁度いいです☆


ところで、旅ブログのほうは、まだまだ続きます。 興味がある方はこちらの旅ブログ(→ SOWHAT の世界旅日記) も覗いてみてくださいねー。



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

気温が低くなってくると、なんとなく温かい煮込み料理が食べたくなって。。。

ラムシャンクの赤ワイン煮を作りました。

d0154118_12533818.jpg


ラムシャンクというのは、ラムの骨付きすね肉のことなんですが、私が買ったのは、Frenched Lamb Shank というもの。

“Frenched” っていうのは、不要な部分をトリムしてあるものです。 トリムされていると、調理したときに見栄えもいいし、不要な脂の部分も取り除かれているのでいいですね。

ちなみに、オーストラリアの大手スーパーマーケットのColes では、このトリムされたラムシャンク2本で1パックになったものが5~6ドルぐらいで売ってます。

今回の赤ワイン煮の味付けには、自家製のリンゴチャツネと醤油を加えてみたのですが、これが大成功。

とっても美味しいラムシャンクの赤ワイン煮が出来上がりました。


ラムシャンクの赤ワイン煮(二人分)

1.  オーブンを130℃に温めておきます。

2.  ラムシャンク(2本)に軽く塩・コショウをして、ラムシャンクの表面に小麦粉をさっとまぶします。

3.  薄くオリーブオイルを引いたフライパンで、スライスしたタマネギ(半個分)を炒め、タマネギが透き通ってきたら、1のラムシャンクを加え、ラムシャンクの表面に焼き色をつけます。

4.  ラムシャンクの表面に焼き色がついたら、フライパンに赤ワインをドボドボッと加え、フライ返しなどでフライパンの底にこびりついた旨みをこそげ落とします。

5.  フライパンの中身をキャセロールや深めのベーキングトレーに移し、ラムシャンクが浸るぐらいまで赤ワインを足し、リンゴチャツネ(大さじ3杯ぐらいかな)と醤油少々(香り付けなのでほんの少し)を加え、アルミフォイルで蓋をして、オーブンに投入。 130℃でじっくりと煮込みます。(キャセロールやベーキングトレーはラムシャンクがぴっちりと収まるぐらいの小さめのものを使います。)

6.  ホイルで蓋をしているので、大丈夫だと思いますが、途中様子を見て、汁が煮詰まって少なくなりすぎている場合は、赤ワインを足してください。

7.  2時間以上煮込んで肉が柔らかくなったら、トレーの中に溜まっている汁を小さな鍋に移し、強火で煮詰めてソースを作ります。 この時に味見をして、ブラウンシュガー・塩・醤油などで適宜味を整えてください。

8.  お皿に煮込んだラムシャンクを盛り、7で作ったソースをかけ、みじん切りにしたパセリを振りかけて出来上がり。 

ちなみに、私は、自家製リンゴチャツネがあったからそれを使いましたが、チャツネがなければ、ブラウンシュガー(もしくは蜂蜜)+ ドライフルーツ(プルーンやドライアプリコット、乾燥イチジクなど)+ ショウガ を使えばOKです。 もちろん、ドライフルーツじゃなくて、生のリンゴを摩り下ろして使ったりしてもいいと思います。(以前、ラム肉を赤ワインとドライフルーツで煮込んだものをブログに載せたこともあるので、そちらも参考にしてみてくださいね☆ → ラム肉とドライフルーツの赤ワイン煮

私はオーブンを使ってますけど、オーブンを使わずにお鍋で煮込んでももちろんOKです。

サイドにマッシュポテトを添えると美味しいですよ☆



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

2週間ほど前に、「実りの秋」という題材で、我が家で採れたカボチャやら林檎やらをブログに載せた時に、いつもコメントを下さるエーチャンさんから「タコが美味しい季節です」というコメントを戴いたのです。

タコに旬があるなんて知らなかったので、「へ~、そうなんだ」と思っていたら、その週末、贔屓にしている魚屋さんからの入荷情報のSMSに “Octopus” という文字があるではないですか!

巨大なタコだと消費しきれないからなあ。。。と躊躇していたのですが、お魚を買いにいった際に 見せてもらったら、割と小さめのタコだったので、思わず購入。

でも、家に帰ってきてから気付いたんだけど、私、生のタコって捌いたことがないのよね。。。 (だって、日本だと、イカは生で売ってるけど、タコは既に茹でダコになって売ってることが殆どでしょ?)

それにしても、生のタコって、めっちゃグロテスク!! これを食べようと最初に思った人はホントに勇気がありますね。

でも、ネットに書いてあった通り下処理をして茹でたら、こんなに綺麗な茹でダコになりましたよ☆

d0154118_2038721.jpg



さて、このタコを使って何を作ろうか。。。 滅多に手に入らない食材なだけに、悩む悩む!


タコを買った時点では、ガーリックとハーブを効かせたトマトソースで煮込もうと思っていたのですが、茹でダコが出来上がってみると、あまりにタコの良い香りがするので、煮込んでしまうのがもったいなくなって、結局この日は、茹でダコの脚の部分を薄く削ぎ切りにして、サラダにしました。

d0154118_20383980.jpg


ドレッシングは、シンプルに、レモンとオリーブオイルと塩コショウを少々。

タコの歯ざわりと旨みが最高です!



そして、その翌日は、残りの脚の部分を使って、おでんを作りました。

d0154118_20391216.jpg


鰹節と昆布でとった出汁で煮込んだおでん。 我がオージー夫は、おでんは好きじゃないので、これは私が独り占めです☆



そして、最後に残った頭の部分は、冷凍保存してあったのですが、今日はこれを使って、タコとセロリのパスタを作りました。

d0154118_20394839.jpg


みじん切りにしたタコとセロリとニンニクと赤唐辛子をオリーブオイルで炒めて、そこに茹でたパスタ(リングイネ)を投入して、さっと炒め、塩で味を整えたものです。

このタコとセロリのパスタは、昔、南青山のリストランテ・ヒロの山田宏巳シェフが出したパスタのレシピ本に載っていたもの。 日本では茹でダコが簡単に手に入るので、割と良く作っていたパスタです。 タコとセロリって、とっても相性がいいんですよね!


それにしても、タコの旨みってスゴイですね。 

久しぶりに、タコを、思いっきり堪能しました☆ 




にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

昨日の朝、買い物に行ったら、ロースト用のラムレッグ(仔羊のもも肉を骨付きのままぶつ切りにしたもの)が安くなっていたので、思わず買っちゃいました。

骨の重さも入ってますが、1キロ程の塊で、約9ドル。 安いよね。

しかし。。。 ロースト用の肉を買ったものの、こうも暑いと、いわゆるトラディッショナルなローストという気分にはなりません。

ってな訳で、昨晩は、ラム肉のローストをこんな風にちょっとアレンジしてみました。

d0154118_1430514.jpg


ラム肉は、ミドルイースタンなスパイスと塩をまぶして、フライパンで表面に焦げ目をつけた後、オーブンでロースト。

ローストしたラム肉は、薄くスライスしてお皿に並べ、ミントとコリアンダーとチリのみじん切りを加えて作ったヨーグルトソースをかけ、上からコリアンダー・チリ・トーストしたアーモンドスライスを散らしました。

ハーブたっぷり、ヨーグルトの酸味とアーモンドの香ばしさも相まって、なかなか美味しい一品が出来上がりました。 我ながら、大成功!!

日本では、ロースト用のラムの塊肉なんて、なかなか手に入りにくいと思うけど、薄切りの牛もも肉をフライパンでソテーして、こんな風にヨーグルトソースとハーブ・アーモンドを振りかけても、美味しいと思いますよ。




にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

先週末は、例の海辺の魚屋さんで、ブルーアイ (Blue Eye) という巨大な魚を購入。

d0154118_21394889.jpg


だみ声の魚屋のおっちゃんに「美味しい魚だよ!」と勧められて買ったものの、ブルーアイがどんな味の魚なのか、まったく知らなかったので、ネットで調べてみると、日本では「メダイ」と呼ばれる魚で、お刺身にしても美味しいらしい☆


買ってきたその日はお刺身、翌日は昆布締め、残りは切り身にして冷凍に。。。

とても肉厚で丸々とした魚で、頭の部分を捨ててしまうのはもったいないなあ~と思ったので、兜煮も作ってみました。

出来上がった兜煮は、身の部分だけを取り出して、煮汁と一緒に冷蔵庫へ。。。

兜煮の煮こごりの出来上がり!!

d0154118_21404736.jpg


自分1人なら、兜のまま、お箸で身をほじくって食べるところですが、そんなことしたら、オージー夫に極悪非道人だと思われそうなので、夫の見ていないところで、こっそり兜から身を取り外しました。
(あっ、でも、魚の頭を鍋で炊いていたのは、しっかりバレてましたが。。。)

ウチの夫は決してベジタリアンではありませんし、お魚も大好物ですが、頭がついたままのお魚が出てくるのは苦手みたい。 

目がこっちを見てるような気がするんだってさ。。。




にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

昨晩は久しぶりにローストビーフを作りました。

ローストビーフって、お肉の部位や大きさによって、微妙に火の通り方が違ったりするので、丁度いい感じに仕上げるのがなかなか難しいのですが、昨日作ったローストビーフはとっても美味しく出来上がりました☆

d0154118_2148442.jpg


盛り付けもいい加減だし、なんだかあんまり美味しそうに写ってないですが。。。でも、実際にはとっても美味しかったんですよ!!


昨日のローストビーフのポイントは、牛肉の表面に花椒をまぶしてからローストしたこと。 

花椒(ホアジャオ)というのは、これ。
d0154118_21491856.jpg

山椒のような香りと痺れるような辛味のある、四川料理に良く使われるスパイスです。


使ったお肉は、普通にスーパーマーケットで買ったオージービーフ。 Striploin (日本で言うサーロイン)の部位で、800gぐらいの塊肉を使いました。 ローストビーフを作るときには、火の通りが均等になるように、なるべく形の整った塊肉をえらぶのがポイントです。


花椒をまぶしたローストビーフ

① 牛肉は、焼き始める1時間ぐらい前に冷蔵庫から出して室温に戻しておきます。 

② 花椒は、黒い種の部分を取り除き、すり鉢で軽く叩いて少し砕いておきます。

③ オーブンを160℃に温めておきます。

④ オーブン皿に薄く油をひき、真ん中に野菜の屑を刻んだもの(セロリの葉の部分、ニンジンの皮、葱の緑の部分など、あるもので構いません)を敷いておきます。

⑤ ペーパータオルで、牛肉の表面の水分をふき取り、肉をタコ糸で結び、成形します。 ②で砕いた花椒を肉の表面にたっぷりまぶし、肉の表面に塩をふります。

⑥ フライパンに油少々を熱し、強火で③の肉の表面(全面)に焼き色をつけます。

⑦ 焼き色をつけた肉の塊を、野菜の屑を敷いたオーブン皿の上にのせ、160℃に温めたオーブンで焼きます。 焼き時間は、800gで30分程度。 途中で一度上下をひっくり返します。

⑧ 30分焼いたら、オーブンから取り出して、お皿に移し、室温で肉を休ませます。(いつもは、肉を休ませる時にアルミフォイルで包んでおくのですが、今回使ったお肉が細長い形をしていたので、アルミフォイルに包むと中まで火が通り過ぎちゃうかな?と思ったので、今回はフォイルで包まずに肉を休ませました。)

⑨ 肉を結んであったタコ糸を切り、薄くスライスしてお皿に盛ります。


花椒の香りがとっても爽やかで、美味しいローストビーフが出来上がりました☆

上のローストビーフの写真で、焼きあがったものの約半分。 

残りのローストビーフは、翌日以降、ローストビーフサンドイッチになります。 

そう、だから昨日はベーグルもどきのパンを焼いたわけ。 うちの夫、ローストビーフサンドイッチが大好物なのよね。




にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]