タグ:レシピ [パスタ] ( 8 ) タグの人気記事


2週間ほど前に、「実りの秋」という題材で、我が家で採れたカボチャやら林檎やらをブログに載せた時に、いつもコメントを下さるエーチャンさんから「タコが美味しい季節です」というコメントを戴いたのです。

タコに旬があるなんて知らなかったので、「へ~、そうなんだ」と思っていたら、その週末、贔屓にしている魚屋さんからの入荷情報のSMSに “Octopus” という文字があるではないですか!

巨大なタコだと消費しきれないからなあ。。。と躊躇していたのですが、お魚を買いにいった際に 見せてもらったら、割と小さめのタコだったので、思わず購入。

でも、家に帰ってきてから気付いたんだけど、私、生のタコって捌いたことがないのよね。。。 (だって、日本だと、イカは生で売ってるけど、タコは既に茹でダコになって売ってることが殆どでしょ?)

それにしても、生のタコって、めっちゃグロテスク!! これを食べようと最初に思った人はホントに勇気がありますね。

でも、ネットに書いてあった通り下処理をして茹でたら、こんなに綺麗な茹でダコになりましたよ☆

d0154118_2038721.jpg



さて、このタコを使って何を作ろうか。。。 滅多に手に入らない食材なだけに、悩む悩む!


タコを買った時点では、ガーリックとハーブを効かせたトマトソースで煮込もうと思っていたのですが、茹でダコが出来上がってみると、あまりにタコの良い香りがするので、煮込んでしまうのがもったいなくなって、結局この日は、茹でダコの脚の部分を薄く削ぎ切りにして、サラダにしました。

d0154118_20383980.jpg


ドレッシングは、シンプルに、レモンとオリーブオイルと塩コショウを少々。

タコの歯ざわりと旨みが最高です!



そして、その翌日は、残りの脚の部分を使って、おでんを作りました。

d0154118_20391216.jpg


鰹節と昆布でとった出汁で煮込んだおでん。 我がオージー夫は、おでんは好きじゃないので、これは私が独り占めです☆



そして、最後に残った頭の部分は、冷凍保存してあったのですが、今日はこれを使って、タコとセロリのパスタを作りました。

d0154118_20394839.jpg


みじん切りにしたタコとセロリとニンニクと赤唐辛子をオリーブオイルで炒めて、そこに茹でたパスタ(リングイネ)を投入して、さっと炒め、塩で味を整えたものです。

このタコとセロリのパスタは、昔、南青山のリストランテ・ヒロの山田宏巳シェフが出したパスタのレシピ本に載っていたもの。 日本では茹でダコが簡単に手に入るので、割と良く作っていたパスタです。 タコとセロリって、とっても相性がいいんですよね!


それにしても、タコの旨みってスゴイですね。 

久しぶりに、タコを、思いっきり堪能しました☆ 




にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
旅行から帰ってきたら、Yさんからパッケージが届いていました。

封筒を開けたとたんに、ぷ~んといい香り。

おっ、この香りは ♥
と思った通り、中に入っていたのは乾燥ポルチーニ茸でした☆

私が今まで買ったことのある乾燥ポルチーニ茸は薄くスライスしたものだったのですが、マーケットで購入されたというこのポルチーニ茸は、かなりゴロッとした塊も入っていて、本当にいい香り!!


早速、このポルチーニ茸を使って、こんなものを作ってみました。

d0154118_2041989.jpg

鶏肉のポルチーニ茸ソース煮込み

1. ポルチーニ茸は、水につけて戻しておきます。 柔らかくなったポルチーニ茸は、細かく刻み、もどし汁はそのまま取っておきます。

2. 鶏のもも肉は、適当な大きさに切って、塩コショウをして、軽く小麦粉をまぶしておきます。

3. フライパンにオリーブオイルをひき、2.の鶏肉の両面をさっと焼きます。 両面に焼きめがついたら、フライパンから取り出しておきます。

4. 鶏肉を焼いたフライパンで、みじん切りにしたエシャロット(または玉ねぎ)をじっくり炒めます。

5. エシャロットが透明になってしんなりしてきたら、1のみじん切りにしたポルチーニ茸と、細かく刻んだトマトを加えてさっと炒めます。

6. 5に、3で取り出した鶏肉を戻し、白ワインを加え、最後にポルチーニ茸のもどし汁を加え、蓋をして煮込みます。

7. 少し煮込んで鶏肉に火が通ったら、牛乳を少し加え、蓋をはずしてとろみがつくまで煮込んで出来上がり。


サイドに添えたのは、パールバーリーのポルチーニ茸リゾット。

茹でたパールバーリー(丸麦)に、上の鶏肉のポルチーニ茸ソース煮込みのソース(7で牛乳を入れる前のソース)を加えて煮込んだものです。


そして更に翌日は。。。

残ったソースで、ポルチーニ茸のパスタ
d0154118_2064057.jpg

茹でたリガトーニを残ったソースで和えただけ。

とろっとしたポルチーニ茸の食感と香りがたまらない☆

美味しかった~。 


Yさん、どうもありがとうございました!!!
[PR]
今年は、我が家の庭で育てているビーツが大豊作。 
d0154118_14543584.jpg

先週旅行から戻ってから、ローストにしたり、サラダにしたり、葉っぱをソテーにしたり、2~3日に1回はビーツを食べてます(笑)

ビーツはピンク色の根っこを食べるものですが、実は葉っぱも美味しいんですよ。 

小さな葉っぱはサラダで食べられますが、こんなに大きくなったものは、ほうれん草のように茹でたり炒めたりして食べます。 スイスチャードやシルバービートに似ていて、ちょっと肉厚のほうれん草っていう感じです。


そして、こちらは庭で採れたジャガイモ。
d0154118_14551448.jpg

別に、種芋を植え付けたわけじゃなくて、冷蔵庫の中で萎びちゃった古いジャガイモを庭に埋めただけ。。。

まだまだ何株も植わっているので、当分ジャガイモは買わなくてもよさそうです。


さて、この庭で採れたビーツとジャガイモを使って、ニョッキを作ってみました。

d0154118_14555937.jpg

こんなにきれいなピンク色のニョッキが出来上がりましたよ☆

ビーツのニョッキの作り方

①  ビーツ(1個) は皮を剥かずに丸ごと茹でます。 串を刺してみて中まで柔らかくなっていたら、水洗いをして皮を剥きます(皮は手で簡単に剥くことができます)。 適当に刻んで、ミキサーやフードプロセッサーで攪拌して粗いペースト状にしておきます。

②  ジャガイモ(約250g)を茹でて、熱いうちにマッシュポテトにしておきます。

③  ②のマッシュポテトに①のビーツをペースト状にしたものを約200g混ぜて、ポテトマッシャーでポテトとビーツが混ざってピンク色になるまでマッシュします。

④  ③に卵黄1個、塩少々を入れてよく混ぜ合わせます。

⑤  ④にセモリナ粉を徐々に入れて、よく混ぜ合わせます。(私はセモリナ粉を200gぐらい入れましたが、ジャガイモの種類によって水分が違うので、少しずつ混ぜながら成形できるぐらいの固さになるように調節してください)

⑥  ⑤を直径1.5センチぐらいの棒状にのばし、包丁で2センチの長さに切ります。

( ↓ こちらは茹でる前のニョッキ)
d0154118_1458216.jpg


⑦  沸騰したお湯で、⑤のニョッキを茹でます。 ニョッキが浮かんできたら、お湯から上げます。

⑧  フライパンに生クリームとセージの葉を入れて強火で煮立てます。

⑨  ⑧に茹でたニョッキを入れて、塩・胡椒少々を加え、ニョッキにソースを絡めます。

⑩  好みで、細かく卸したパルメザンチーズやグラナパダーノをふりかけると美味しいです。

この分量で4人分ぐらいのニョッキが出来上がります。


さて、お味のほうですが。。。 ここで白状をしてしまうと、実は私、ニョッキってあんまり好きじゃないんです(笑)。

でも、ニョッキとしては、なかなか美味しいものが出来上がったと思います。

一つだけ残念だったのは、こんなにキレイな色が出ているのに、ビーツの香りはあんまりしなかったこと。

ジャガイモとビーツを混ぜてマッシュしたものを味見してみた時点では、しっかりビーツの味がしていたんですけどね。

セモリナ粉を使ったので、セモリナ粉の香りに負けちゃったのかもしれません。

私はセモリナ粉の香りが好きなので、あえてセモリナ粉を使ってみたのですが、ビーツの香りを楽しむという点では普通の小麦粉を使ったほうが良かったのかもしれません。

でも、この美しいピンク色のニョッキには大満足です。


今度はビーツ入りラビオリや手打ちパスタに挑戦してみたい。 
パスタマシーンを買うべきか、考え中。。。 
[PR]
メルボルンのイースタンサバーブで時々用事があって出掛けるのですが、時間がある時にはBox Hill に立ち寄って、アジア系の食材を沢山仕入れて帰ってきます。

Box Hill に行くと、必ずといっていいほど買ってくるのが、韓国産のエノキ茸やエリンギ茸。

オーストラリアの普通のスーパーマーケットで売ってるキノコ類は、値段も高くて、種類も少なく、そして品質もいまいち。 

でも、Box Hill で売ってる韓国産のエノキ茸やエリンギ茸は、値段も安いし、品質もいい。 韓国からはるばるやってきたキノコのほうが、スーパーで売ってるオーストラリア産のキノコより新鮮そうって、一体どういうこと? やっぱり、安くてよく売れるから、商品の回転が速くて新鮮なんでしょうかね。


というわけで、Box Hill で仕入れてきたエリンギ茸を使って、ちょっと和風のアーリオ・オーリオを作りました。

d0154118_8291388.jpg

アーリオ・オーリオというのは、”ニンニクと油(オリーブオイル)” という意味。 ニンニクとオリーブオイルで炒めたシンプルなパスタですが、レモン汁と醤油でちょっとポン酢のような和風味にしてみました。


エリンギ茸の和風アーリオ・オーリオ

①  エリンギ茸は5ミリぐらいに薄くスライスしておきます。

②  オリーブオイルとみじん切りのニンニクを入れたフライパンで①のエリンギ茸を炒めます。

③  たっぷりのお湯に塩を少し加えてパスタを茹で始めます。

④  ②のエリンギ茸がしんなりと炒まったら、レモン汁たっぷりと醤油をほんの少し垂らします。

⑤  ④にアルデンテに茹で上がったパスタを加えて和えます。

⑥  お皿に盛って、チャイブやアサツキを散らして、出来上がり。

エリンギ茸を炒め始めると、キノコがオリーブオイルをあっという間に吸い込んでしまいますが、炒めているうちにキノコから水分が出てきますので、この段階でオリーブオイルを足す必要はありません。 蓋をして蒸し焼きのようにすると早いです。 オリーブオイルを足すなら、最後に茹で上がったパスタを入れて和える段階で少し足すと美味しいと思います。


エリンギ茸がこりこりして、と~っても美味しいですよ!  もう、毎日食べたいくらい!!
[PR]
トマトソースのパスタが大好きな私。 めったにクリーム系のパスタは作らないんですが、冷蔵庫に生クリームが中途半端に残っていたので、こんなの作ってみました。

d0154118_15341587.jpg

フライパンにスライスした生椎茸とマッシュルームと生クリームを入れて少し煮込み、そこにすりおろしたパルミジャーノレジャーノを入れて、硬めに茹でたパスタを投入して味を絡め、最後に塩・コショウで味を整えます。

そして、シドニーの有名なイタリアンレストラン Buon Ricordo の “Truffled Egg Pasta” を真似して、パスタをお皿に盛ってからトリュフオイルを少し垂らして、最後にトロトロの目玉焼きをのせてみました。

食べるときに、目玉焼きをフォークとナイフで切ってパスタと混ぜ合わせます。 


シドニーのパディントンにある Buon Ricordo は、かなり前に1度行ったっきりなのですが、正統派イタリアンって感じで、とっても気に入ったお店です。 Truffled Egg Pasta は Buon Ricordo の超有名なメニューなので、私も当然これを頼んだわけですが、回りを見るとみんなこれ頼んでました。 やっぱり目玉焼きがのっかった状態で出てきて、ウエイターさんがその場で目玉焼きをつぶしてパスタと混ぜ合わせてくれるんです。 トリュフの香りがして濃厚で、とっても美味しかったですよー。


Buon Ricordo で食べた Truffled Egg Pastaは、私が作ったのよりもっともっと濃厚だったので、きっとチーズをかなり沢山使ってるんだと思います。

生クリーム+チーズ+パスタってカロリー超高そう。。。ってびびってしまった私はチーズを控えめに入れたので(笑)。 めったに作るわけじゃないんだから、やっぱり覚悟を決めてチーズをもっと沢山入れれば良かったかな。
[PR]
d0154118_6301322.jpg

タスマニアから帰って来たら、庭のトマトがたくさん赤くなっていました。

このトマト、実は昨シーズンに植えたトマトのこぼれ種から自然に芽が出てきて育ったものなんです。

他にも2本、今期買って来て植えた苗もあるんですが、このこぼれ種から育ったトマトが一番元気がいいんです。

鳥につつかれてしまっていたものも幾つかあったので、また来年こぼれ種から育ってくれることを期待して、地面にころがしておきました。


収穫したトマトで冷製カッペリーニのランチ!

d0154118_6315417.jpg

適当に切ったトマトとバジルをオリーブオイルと塩少々で和えておいて、そこに茹でて冷水で冷やしておいたカッペリーニを入れて、味が絡むようにさっと混ぜただけ。

まるでサラダを作るように簡単に作れます。

しっかり赤くなるまで木で熟したもぎたてトマトは、中まで真っ赤で、甘くって、香りが良くて、美味しいですね。

去年は虫にやられて散々だったバジルも、今年はバルコニーのポットで育てたら、とっても調子がいいです。
[PR]
買い物に行ったら、レジ横に地元で収穫されたバジルが山積みになって売ってました。 とっても新鮮で、いい香りで、安かったので、思わず購入。 ペスト・ジェノベーゼのリングイネを作ってみました。

d0154118_7373945.jpg

参考にしたのは、東京にあるイタリアンレストラン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合シェフのレシピ。 →レシピはこちら

冷蔵庫にあったパルミジャーノが少し足りなかったので、グラナパダーナを加えました。 じゃがいもとインゲンは入れずにリングイネだけをペスト・ジェノベーゼで和えました。 フレッシュバジルの香りと松の実の甘みがリングイネに絡まってとっても美味しかったです。


スイートバジルは、買っても日持ちがしないので、やっぱり庭に植えてあると便利ですよね。 

昨年は、ベジガーデンに植えたら、あーっという間に何者かに食べられて(虫かカタツムリ?)消滅してしまったので、今年はポットに植えてベランダで栽培しようかと思ってます。
[PR]
庭で栽培しているラディッキオとルッコラを使ってパスタを作りました。
d0154118_12575322.jpg
イカとラディッキオとルッコラをオリーブオイルで炒めたところに、少し固めに茹でたパスタ(リングイーネ)を投入。 軽く塩・コショウをして、味が絡まるように少し炒めて、出来上がり。 仕上げにパルミジャーノレジャーノをすりおろしたものをかけました。

イカの旨みとラディッキオとルッコラのほろ苦さがパスタに絡まって、とっても美味しいです。

d0154118_12583243.jpg
庭で栽培しているラディッキオ(左) とルッコラ(右)

ラディッキオは今年初めて植えてみたんですが、外側の葉っぱから食べる分だけ採ると、また内側からどんどん新しい葉っぱが出てきてくれます。 こういうのが6株ぐらいあるので、結構重宝してます。

ルッコラは旅行から帰って来たらお化けのように大きくなっていたので、せっせと消費してます。

どちらも虫がぜんぜんつきません。苦味があるからかな??
[PR]