タグ:レシピ [デザート] ( 35 ) タグの人気記事

オーストラリアとニュージーランドでは、明日4月25日は、アンザック・デー(ANZAC Day) という祝日です。

ANZAC というのは、第一次世界大戦におけるオーストラリアとニュージーランドの連合軍 Australian and New Zealand Army Corp の略。

アンザック・デーは、第一次世界大戦中の1915年にオーストラリアとニュージーランドの連合軍 (ANZAC) がトルコのガリポリ半島で多くの戦死者を出したことから、ANZACがガリポリ半島に上陸した4月25日を戦没者追悼の記念日としたものです。 現在では、第一次世界大戦だけではなく、過去全ての戦争における戦没者の追悼、帰還兵や退役軍人を称える日として、各地で追悼行事やパレードなどが行われます。

そして、このアンザック・デーと切っても切り離せないのが、アンザック・ビスケットです。 

「アンザック・ビスケット」というのは、オーストラリアやニュージーランドでは普段から良く食べられているオート麦を使ったクッキーです。 第一次世界大戦中にANZAC軍の兵士たちに送り届けるために女性たちがこのクッキーを焼いたことから、アンザック・ビスケットと呼ばれるようになったんだそうです。

明日はアンザックデーだし、パントリーにオート麦の残り物もあるし、アンザックビスケットでも焼いてみようか!と思いついたものの、バターの買い置きがなかったので、ネットでバター不使用のレシピを調べて、作ってみたのがこちら。

d0154118_2024917.jpg


→ 使用したレシピはこちら (オーストラリアの1カップは250ccなので注意してくださいね。)

ほとんどレシピ通りですが、Wholemeal Flour (全粒粉) がパントリーになかったので普通の小麦粉で、ココナッツファインの分量が足りなかったので足りない分はアーモンドミールで代用、ゴールデンシロップは蜂蜜で代用、カノーラオイルはオリーブオイルで代用。

蜂蜜はレザーウッドハニーを使ったので、独特の良い香りがして、とっても美味しいクッキーが出来上がりました。

初めてアンザックビスケットを焼いてみて気づいたのですが、卵を全然使わないんですね。 戦時中卵が手に入りにくかったことと、遠方の兵士に送るのに日数がかかるため傷まないように卵を使わなかったことに由来しているんだそうです。



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

緑茶とミントを使って、シャーベットを作ってみました。

と~っても爽やかで、色も美しく仕上がって、大成功!!!

d0154118_21225835.jpg


抹茶じゃなくて普通の緑茶を使ってるんですが、まるで抹茶を使ったように緑色がとっても鮮やかに出来上がってるでしょ? この鮮やかな緑はミントの葉っぱの色なんです。ミントの葉は生のまま使うと色が変色してしまうので、さっとお湯で茹でて冷水に放ち、色止めをしてから使うのが色を美しく仕上げるコツです。

緑茶とミントのソルベ

1.鍋に水を入れ火にかけ、沸騰したら、ミントの葉を投入。鮮やかな緑になったら、すぐにミントを引き上げ、冷水を入れたボールに放ちます。

2.1でミントを茹でたお湯で緑茶を薄めに出します。お砂糖を加えて、緑茶シロップを作ります。(お砂糖は味見をしながら加えて、好みの甘さに調節してください。)

3.2の緑茶シロップが冷めたら、1で色止めをしたミントの葉を加え、タッパーに入れて、冷凍庫に入れて凍らせます。

4.凍ったら、フォークで適当な大きさに割って、ミキサーに入れ、滑らかになるまで攪拌します。(カチカチに凍りすぎて旨く攪拌できない場合は、少し室温に置いておくと溶けてきて旨く攪拌できます。)

5.器に盛って、出来上がり~。

またいつものごとく、分量を計らずに適当に作ったので、分量の明記がなくて申し訳ないですが。。。
ま、お好みの甘さで作ってみてください。

当然ながら、ミントの葉っぱは、多めに入れたほうが色も鮮やかで美味しく仕上がりますよ。



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

オーストラリアでは、ヨーロッパと同様、食後にチーズを出す習慣があります。

私も夫も、普段は、食後にチーズを食べるという事はしないのですが、来客時には必ず食後用のチーズを何種類か用意します。

1月に入ってから何度か来客があって、その度にチーズを買っていたら、残り物のチーズが溜まりすぎてしまいました。。。

ということで、余ったチーズを使って、チーズ味のクッキーを焼いてみました!

d0154118_7515216.jpg


チーズ味のクッキー

材料:

薄力粉: 150グラム
チーズ(チェダーチーズなど): 175グラム
チリパウダー: 小さじ0.5
パプリカパウダー: 小さじ0.5
卵黄: 1個分

作り方:

1. 卵黄以外の材料を全てフードプロセッサーに入れて、がーっと混ぜる。(チーズは手で適当な大きさにちぎってフードプロセッサーに入れる。)

2. 材料が混ざってサラサラになったら、卵黄を加えて、更にフードプロセッサーで混ぜあわせる。

3. フードプロセッサーにかけた材料をボールに移し、手で捏ねて、生地をひとまとめにする。

4. 生地を直径5センチぐらいの棒状にして、ラップでぴちっと包み、冷蔵庫に入れて2時間以上置く。

5. 冷蔵庫で寝かした生地を、1センチぐらいの厚さに切り、ベーキングペーパーを敷いたトレーに並べる。

6. 180℃に温めたオーブンで20~25分ほど焼く。

今回使ったチーズは、チェダーチーズとスティルトン。 チェダーチーズもスティルトンも脂分が多くてねっとりしているので、バターは全く使いませんでしたが、手で捏ねていると脂分が出てきて、ちゃんと生地が纏まってくれました。 (脂分が少ないチーズを使う場合は、チーズの分量を減らして、バターを加えないと生地が纏まらないと思います。)

少し加えたチリパウダーとパプリカパウダーが良いアクセントになって、美味しいおやつが出来上がりました。

お砂糖は使ってないので、甘党じゃない人にぴったりのおやつです☆



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

お料理にココナッツミルクを使った余りで、杏仁豆腐もどきのデザートを作ってみました。

d0154118_202629.jpg


寒天はゼラチンと違って、あっという間に固まってくれるのが嬉しいですね! 夕飯の準備をしている間にふと思い立って作ったのですが、食事をしている間にちゃーんと固まってくれました☆

フルーツは、旬のマンゴーをつかって、ちょっとトロピカルに。。。

あっさりして美味しいですよ~。


ココナッツミルクの杏仁豆腐もどき

(1)  ココナッツミルク (200cc)、グラニュー糖 (大さじ1.5)、粉寒天(2グラム)を鍋に入れて火にかける。

(2)  よくかき混ぜながら、ぐつぐつ煮立ったら1~2分ほど煮こむ。

(3)  火からおろして、牛乳(100cc)を少しずつ加えながらかき混ぜる。

(4)  バットに流して、冷蔵庫で冷やし固める。

(5)  蜂蜜をお湯で溶かしてシロップを作り、冷蔵庫で冷やしておく。(甘さ加減はお好みで)

(6)  (4) が固まったら、包丁を斜めに入れて、ひし形になるように切れ目を入れる。

(7)  冷たく冷やしたシロップを流し込み、お皿に盛る。

(8)  お好みのフルーツを加えて、出来上がり。




にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

久しぶりにビスコッティを焼こうかな~と思って、パントリーをゴソゴソやっていたら、ココナッツパウダー(ココナッツファイン)が出て来ました。

まだ賞味期限切れではないけれど、そろそろ使い切ってしまいたいな~ということで、ネットで調べて「田舎風ココナッツのビスコッティ」というのを作ってみることに。。。
→「田舎風ココナッツのビスコッティ」

ココナッツパウダーと薄力粉とグラニュー糖と卵を混ぜて、オーブンで15分焼くだけという、超簡単なレシピ!! 

レシピ通りの分量で混ぜあわせたところ、卵1個だと、まったく纏まらない感じだったので、卵を2個に増やし、薄力粉も10グラム追加して、で、レーズンをひとつかみほど加えて焼いてみました。

d0154118_1165742.jpg


表面はカリッとしているのですが、中はふんわりして、ちょっとケーキみたい!! 中がふんわりしているのは、もともとのレシピよりも卵を多めに入れたからかもしれません。

いわゆる「ビスコッティ」という感じではないけれど、と~っても美味しいおやつが出来上がりました! 

「ココナッツとレーズンのふんわりクッキー」と命名して、忘れないうちにレシピを書き留めておきたいと思います。

ココナッツとレーズンのふんわりクッキー

材料:
ココナッツパウダー(ココナッツファイン)  80グラム
薄力粉  30グラム
グラニュー糖 70グラム
卵 2個
レーズン ひとつかみ

1. ボールに、ココナッツパウダー、薄力粉、グラニュー糖を入れて、かき混ぜ、レーズンと溶き卵を加えてスプーンでよくかき混ぜる。

2. 1を丸く纏めたもの(直径3~4センチ)を、クッキングシートを敷いた天板に並べる。

3. 180℃のオーブンで15分焼く。 

焼きあがったらオーブンから出して、完全に冷めてから召し上がってください。

ラム酒をちょっと加えると、ちょっと大人の味になって、更に美味しいかも?

なんと言っても、ぐるぐるかき混ぜて、天板の上に並べて、焼くだけ、という簡単さが嬉しいですね!



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
今年は、こんなにたくさんフィジョアの実が採れました。

d0154118_16112882.jpg


フィジョア(=フェイジョア)は、南米原産の植物なんですが、オーストラリアの気候に合うのか、こちらでは割と良く見かける植物です。

植えてから5年ほど、実が付かないどころか、花も全然咲かなかったのですが、2年前に初めて花が咲いてから、毎年徐々に収穫量が増えてきています。

フィジョアの実は、とってもアロマティックな香りがする果物。 バナナとリンゴを足したような香りで、キウイやパイナップルのような酸味があります。

生のフルーツとしてもなかなか美味しいのですが、香りが非常に強いのと、食べたときの舌触りがちょっとざらっとした感じなのが気になって、そんなにたくさんは食べられないんです。

なので、先日のお料理のように(→こちら)、お肉をマリネするのに使ったりしていたのですが、あまりに大量に収穫したので、今年はフィジョアのチャツネを作ってみました。

d0154118_16121014.jpg


フィジョアのチャツネの作り方

1.  皮を剥いて適当な大きさに刻んだフィジョアとグラニュー糖(砂糖の分量は果肉の重さの3分の1)を鍋に入れ、白ワインビネガーをどぼどぼっと加え、火にかけます。(すみません、白ワインビネガーの分量、計らないで適当に作っちゃいました。。。)

2.  沸騰したら火を弱め、灰汁を取り除きながらぐつぐつ煮込みます。

3.  灰汁が殆ど出なくなってきたら、マスタードシードと摩り下ろしたショウガを加えて、とろみがつくまで煮込みます。

4.  チャツネを保存する場合には、煮沸消毒した瓶に詰めて、脱気・煮沸消毒します。

フィジョア自体、酸味があって、ちょっとトロピカルフルーツのような味と香りがするので、マンゴーチャツネのような味に仕上がりました。 これは、お料理に使い勝手がよさそうです。

++++++++++++++++++++++++

そして、フィジョアはバナナみたいな香りがするので、ケーキに入れて焼いてみよう!と思いついて、マフィンも作ってみることに。。。

こちらのレシピ → Cpicon ふわふわバナナマフィン by meikitchen を使って、バナナの代わりに、フィジョアの実(可食部)を100グラム使いました。

d0154118_1617244.jpg


ちなみに、こちらのレシピ、粉が多めなので少し重めのカップケーキです。 焼きあがったときには、もうすこしふわふわの軽い感じが良かったかな~なんて思ったのですが、一晩置いて翌日になると、しっとりとしたバナナケーキっぽくなって、なかなか美味しい!

日本のレシピなので甘さも控えめで、フィジョアの香りが引き立ちます☆

おやつというよりは、朝食や軽食になりそうな、そんな感じのマフィンです。




にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

タマリロ (Tamarillo) の実が、赤く色づいてきました☆

d0154118_15525822.jpg


庭の彩が寂しくなる冬に、卵形の真っ赤な果実がオーナメントのようにぶら下がる様子がとても可愛らしいのですが、このタマリロの実は食べることもできるんです。

とはいっても、そのままでは、と~っても酸っぱいので、私は、こんな風に、コンポートにします。

d0154118_15571870.jpg


タマリロの実のお尻の部分に浅く十字型に切り目を入れてから、砂糖と水を加えて弱火で煮込みます。

十字に切り目を入れておくと、中から鮮やかな赤い色が出てきてくれるし、煮込んだ後で皮を剥きやすくなります。

綺麗な赤い色が出たシロップは、冷めると、タマリロから自然に出たペクチンで、ゆる~いゼリー状になります。


パンナコッタを作って、その上にタマリロのコンポートとゼリー状のシロップをのせてみました☆

d0154118_15575599.jpg


とっても綺麗でしょ?

正直、タマリロ自体は、そんなに美味しいフルーツだとは思いません。

でも、見た目が、とっても可愛いんですよねー。



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]


先日、家の庭で収穫したイチジクの話題をブログに書きましたが、今日もまた食べ頃に色づいたイチジクが2つ収穫できたので、今度は無花果のパイを作ってみました!

d0154118_20385341.jpg


無花果を、適当な大きさに切って、お砂糖を加えてさっと煮込んだものを、パイ皮に包んで焼いただけ。

パイ皮は、またまた冷凍のパイシートを利用してますが、解凍したパイシートを手でびゅーんと引っ張って薄~く伸ばしたものを使ってます。 

イチジクのフィリングを、薄く伸ばしたパイシートで2重に包み、表面に薄くオイルスプレーをしてオーブンで焼きました。

薄く伸ばしたパイ皮を2重にしてあるので、カリッとパリッと仕上がって、メチャうまです☆

無花果のお菓子って、ホントに美味しいね~。



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

我が家の庭で採れたリンゴを使ってアップルパイを焼きました。

d0154118_15255184.jpg


本当は、タルトタタンを作るつもりだったのですが、使った林檎が、バレリーナ林檎という水分の多い煮崩れしやすい種類の林檎だったので、カラメライズしてる間にあっという間にジャムのようにぐずぐずになってきてしまい、急遽普通のアップルパイに変更。

予定していたタルトタタンは出来ませんでしたが、林檎をカラメライズをしていたので、普通にお砂糖で煮た林檎のフィリングよりも風味があって、なかなか美味しいアップルパイが出来上がりました☆

あっ、ちなみに、パイ皮は、冷凍のパイシートを利用してます。 やっぱり手作りのパイ皮のほうが美味しいとは思うけど、パイ皮を作るのは時間がかかりますからねえ。。。 この日も、夕飯の支度をしている時に、アップルパイを作ろう!と突然思いついたので、こういう時には冷凍パイシートがあると便利ですね。


さて、このアップルパイに使った、バレリーナ林檎というのは、真っ直ぐ伸びた幹にぴたっとくっつくように実がなる、ちょっと変わった林檎の木です。

バレリーナ林檎にも色んな種類があるのですが、家にあるのは、ボレロという種類のもの。 

とてもコンパクトな木なのに、毎年綺麗な花がたくさん咲くし、大きくてジューシーで美味しい実をたくさんつけてくれるので、気に入ってます。 

→ バレリーナ林檎(ボレロ)の花

→ バレリーナ林檎(ボレロ)の実

何といっても、この林檎の木は、枝が横に張らないので、場所をとらないし、剪定の手間もいらないというのが嬉しいところ!  「庭が狭いんだけど林檎の木が欲しいなあ」という方には、オススメです。
(注:ただし、林檎は、他家受粉なので、違う種類の林檎の木を2本以上植えるないと実がなりません。)


我が家には林檎の木が3本あるのですが、毎年、バレリーナ林檎 → ジョナサン(紅玉) → フジ の順番で収穫時期がやってきます。

今年は、残念なことに、フジは不作なのですが、ジョナサン(紅玉)の実はそろそろ赤く色づいてきています。



にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]

先日、ふと、思いついて、こんなの焼いてみました。

d0154118_12153984.jpg


かぼちゃとブラウンシュガーを使った、一口サイズのミニマフィン。

我が家は、夫も私も辛党なので、ケーキ類は焼いても食べ切れなくて困ることが多いのですが、これは、一口サイズで、コーヒーや紅茶を飲んだりするときにパクッとつまめるので、結構あっという間になくなっちゃいました(笑)。

ELLE a table のレシピ(→こちら)を参考にして作ったのですが、バターをキャノーラオイルに代えて(バターより分量を若干減らしました)、グラニュー糖をブラウンシュガーに代えて、オーストラリアのカボチャは水分が多いので、牛乳は省略して作りました。

私は、オーストラリアやアメリカでありがちな、ねっとりした甘いマフィンが苦手なのですが、これは、日本のレシピなので、甘さも丁度いい感じです。

日本のレシピだと、マフィンにはバターを使うことが多いようですが、オーストラリアのレシピではサラダオイルを使ってることが多いですね。 

サラダオイルだと、材料をぐるぐる混ぜあわせるだけで出来ちゃうので、超簡単!! バターを練る必要もないし、分離する心配もないので、お菓子作りが苦手な私にはぴったりです。




にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]