d0154118_2321327.jpg

こちらの記事は以下のページに移転しました。
→ 
http://world-travelogue.com/?p=6927


[PR]
今、上海に来ています。今回カンタス航空を利用したのですが、メルボルンから上海へのカンタスの直行便がないので、一昨日はシドニーに一泊しました。
d0154118_18212685.jpg

さて、今回、シドニーでのランチはNeil Perryが昨年(だったかな?)オープンした Spice Temple に行ってきました。(Neil Perry はオーストラリアの超有名なシェフです。)

さて、Spice Temple の入口はサインも殆どなく、LCDスクリーンのドアを開くと地下へと続く階段があって、ちょっと秘密クラブみたいです。地下に降りると、暗い空間にスポットライトが印象的な、モダンなバーとダイニングスペース。暗い中に各テーブルやフラワーアレンジメントなどがスポットライトで浮かび上がって、とても幻想的な空間をつくっています。

今回頼んだのはこの4皿:
残念ながら、写真はありません。ピンぼけで大失敗でした。

Pickles Cabbage & Radish
パリパリとした歯ざわりのキャベツとラディッシュのピクルスが大きなお鉢一杯に盛られて出てきました。酸味がそれほどきつくないので、サラダ感覚で食べられて、とてもおいしかったです。

Tingling Crystal Bay Prawns
これ、絶品でした。プリプリの海老をものすごく細く刻んだ緑の長いとうがらしと青ねぎで和えた冷菜です。山椒の粉がかかってました。

Steamed Eggplant with three flavours (garlic, coriander, sweet pork)
こちらも絶品。 蒸しナスに肉味噌とにんにくとコリアンダーを合えていただきます。 ちょっと味噌田楽風の味なんですが、この肉味噌の味がものすごくまろやかで、すべての材料と調味料がちょうど良くマッチしていて見事な一皿でした。

Three Shot Chicken
ブラックビーンズのソースで煮込んだ鶏肉・人参・椎茸の入った土鍋とカセットコンロがテーブルに運ばれてきます。そして、ウエーターさんが土鍋を火にかけて、ショットグラスに入ったビール・醤油・チリオイルを一気に注いで調理してくれます。(だから3ショットチキンなんですね。)

いやー、Neil Perry ってさすがですね。もちろんNeil Perry がキッチンで調理してるわけではないけど、コンセプト、アイディア、味、サービス、雰囲気など、彼の "Restaurantor" としての力量を思い知らされました。

値段もシドニーのレストランにしてはそんなに高くありません。(ただし、ワインは高いです。)今回頼んだ料理の他にも美味しそうなメニューが沢山あったので、またシドニーを訪れる機会があったら再訪したいです。

Spice Temple メルボルンにもオープンしてくれないかなあ~。

Spice Temple
10 Bligh Street, Sydney, NSW
TEL. 02-8078-1888
[PR]
明日から旅行に出かけます。 ということで、今日は冷蔵庫を空っぽにしなくてはなりません。

冷凍に出来るものは冷凍にして、サラダ系の野菜は冷凍に出来ないのでドーンと大きなサラダを作って。。。 で、冷蔵庫にポツンと残ったのが、梅干2つ。 日持ちはするでしょうけど、今回はちょっと長期の旅行だし、冷蔵庫を空っぽにしたかったので、今晩は梅干を使ったお料理をすることにしました。

d0154118_83246.jpg

梅干の果肉をつぶしたもの、オリーブオイル、ハチミツ、コショウを混ぜ合わせたものに鶏肉をマリネして、フライパンで焼いただけの、簡単お手軽料理。

出来上がりに、青ネギと白ゴマを散らしました。

香ばしい焦げ目を付けたくてハチミツを使ったのですが、思惑通り、いい感じで焦げ目が付いてくれました。 梅干の塩辛さもまろやかになって、ハチミツを入れたのは大正解。

冷蔵庫にジャガイモが残っていたので、付け合せはジャガイモにしたのですが、一口食べた瞬間 「白いご飯が食べたいっ!」って思いました。

ということで、明日から旅行に出掛けますが、旅行先からもブログをアップするつもりでいます。 支度がまだ全然終わってないので、今夜は徹夜かも。。。

旅行は好きだけど、”I hate packing ……” です。
[PR]