今年はトマトが不作だなあ。。。

と思っていたら、ようやく、ぼちぼちトマトが収穫できるようになってきました。

d0154118_21491921.jpg
d0154118_21493218.jpg


完熟してから収穫したトマトは、めちゃめちゃ甘くて美味しいです☆



[PR]
忙しくしていて、ブログの更新が滞っておりましたが、ようやく、10月のアメリカ旅行の「ニューメキシコ州編」を、旅ブログのほうにアップし終わりました。

ニューメキシコ州北部は、アメリカ原住民の文化が色濃く残る魅力的なところです。

d0154118_21165394.jpg

d0154118_21165850.jpg
d0154118_21170400.jpg

詳しくは旅ブログをご覧ください。 → SOWHATの世界旅日記



にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
[PR]

以前何度かブログにも書いたことがあるのですが、私は、Peninsula Fresh Seafood という移動魚屋さんで、いつもお魚を買っています。

この魚屋さんは、もともとはムール貝の養殖業者なんですが、自分の養殖しているムール貝やら、自分で釣った魚やら、魚市場から仕入れた魚やらを、保冷トラックに積んできて、週末だけ我が家の近くのセーフティビーチ (Safety Beach) の海辺で売っているんです。

d0154118_13445103.jpg

「トラックで売ってる魚なんて、新鮮なの?」と思われるかもしれませんが、この Peninsula Fresh Seafood のお魚は、とっても質がいい。魚市場から仕入れた魚(サーモンとか海老とか)も新鮮なのですが、なんと言っても嬉しいのが、魚屋さんが自分で釣ってきた獲れたての魚が買えること。普通のお魚屋さんでは売ってないような珍しいものもあったりするので、毎週とても楽しみにしてるんです。


さて、2ヶ月ほど前の週末に、セイフティビーチまで、お魚を買いに行った時のこと。

いつものように「今日は何があるかな~」と出かけていくと、この日は、なんと、”Duckfish” があるとのこと。

Duckfish というのは、Boarfish とも呼ばれる魚で、お刺身にするととても美味しいのですが、滅多に釣れないので、なかなかお目にかかることができない魚なんです。

「私、Duckfish を戴くわ!」

と告げて、魚屋さんが冷蔵庫から Duckfish (Boarfish) を出した瞬間、

その場にいた他のお客さんたちから、ざわめきが。。。


「それは、いったい何ていう魚??」

と私の後ろにいたお客さん聞かれたけど、明らかに(そんなもん、食べるんかい。。。)という心の声がこもってます。


というのもね、Boarfishって、こんなグロテスクな魚なんです。

d0154118_13450679.jpg

ほら、こっちの人(白人系のオージー)って、魚に頭がついてるだけでダメな人とかも多いでしょ。
そりゃ、こんな風貌の魚は、買わないよね。

でも、そのおかげで、こういうちょっと変わった魚とか、青魚系は、一般的な白身の魚やサーモンに比べると人気がないから、安いんです。それに、一匹しか釣れてなくても、売り切れたりしないし(笑)。


ざわめいているお客さんたちを尻目に、私は Boarfish を抱えて車に乗り込み帰宅。

刺身用の柵におろして、この日の晩御飯は、中華風のお刺身サラダ。

d0154118_13452697.jpg

美味しい!! 幸せ~。

そして、残りは、定番の昆布じめに。 Boarfishの昆布じめが、これまたメチャうまなんですよ。


海辺に住んでいるからといって、必ずしも新鮮な魚が手に入るとは限らないオーストラリア。
(日本食が人気があるとはいえ、やっぱり、自宅で、魚を生で食べる慣習はないのよね。)

3年前にこの魚屋さんに出会ってから、我が家の食卓は、ぐ~んと豊かになりました。今では、この魚屋さんなしではやっていけません!

昔、私がこの魚屋さんを見つけたばかりの頃は、「基本はムール貝で、ついでに自分で釣った魚を売ってます」っていう感じで、お魚は鱗もついたままで内臓もはいったままのものを売っていたのですが、今では魚市場で仕入れた魚も売っているので種類も豊富。そして、自分で釣った魚も、殆どのものは鱗と内臓を取り除いてあるので、自分で処理するのが嫌な人でも躊躇なく買うことができます。

最近は、週末のセイフティビーチ (Safety Beach) だけでなく、木曜日と金曜日には、ヘイスティングス (Hastings) にも出没するようになったようです。(詳しくはウェブサイトをチェックしてくださいね。)

私のお気に入りのお魚屋さん。 お近くの方は、オススメですよ。

→ Peninsula Fresh Seafood



にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
[PR]