カテゴリ:旅行 [キューバ]( 4 )

キューバの食べ物はものすごく不味いらしい。。。

と聞いていたので、実はキューバでの食事は全然期待してなかったんです。

ところが。。。 

ハバナに到着した日、夜結構遅い時間に到着したので、ホテルのバーで軽くおつまみでも食べようかってことになって、タパスを何品か頼んだら。。。

あれ?? なんか結構美味しいじゃん? それに、ホテルのバーなのに、値段もめっちゃ安いし!!

これは、ちゃんと美味しいところで食べれば美味しいのかも? と、翌日からのレストラン選びに、いきなり力が入りましたよ(笑)

ハバナには4泊しただけなので、そんなにたくさんのレストランやバーを訪れたわけではないのですが、私が行った中で気に入ったお店を紹介します☆

++++++++++++++++++++++++

ハバナで、一番気に入ったのが、El Templete という旧市街のハバナ港に面したお店。

シーフードが有名なお店なので、私も夫も鱈を使ったお料理を頼みました。
d0154118_12452673.jpg
d0154118_12455076.jpg


なかなか美味しかったので、珍しくデザートも頼んじゃいました☆
d0154118_12462073.jpg


キューバの政府高官も訪れるお店らしく、他の店に比べると値段は高めですが、外食費の高いオーストラリアに比べるとずっと安いです。 お店の方もとても感じが良かったです。


++++++++++++++++++++++++

お店の雰囲気がとても楽しかったのが、旧市街にある La Bodeguita del Medio というお店。
d0154118_1249792.jpg


一見、とても小さなバーに見えるのですが、バーの横の細い通路を通って奥に入ると、レストランがあります。お店の壁は訪れたお客さんの落書きで一杯。
d0154118_12493473.jpg


お料理のほうは、とてもシンプル。 

d0154118_12502846.jpg
左は豚肉のソテー、右は豚肉のローストを薄くスライスしたもの。

メインを頼むと、こんなサイドがついてきます。
d0154118_1251943.jpg
d0154118_12513595.jpg
豆の入ったご飯と、ポテトと、グリーンバナナを揚げたもの

このお店は、ヘミングウェイが “My mojito in La Bodeguita, My daiquiri in El Floridita” という言葉を残したことでも有名。 ってなわけで、私もモヒートを頼みました。

お店の方も明るくて、とっても楽しい雰囲気のお店でした☆


++++++++++++++++++++++++

そしてこちらは、ヘミングウェイが常連だったというバー、El Floridita。 旧市街のParque Central の近くにあります。
d0154118_12551978.jpg
d0154118_12555339.jpg
(店内の写真はwikipediaからお借りしました)

La Bodeguita がモヒートならば、こちら El Floridita はダイキリが有名。 ってな訳で、お客さんは殆どみんなダイキリを飲んでました。 

他のお店に比べると、カクテルの値段は高めですが、私が行ったときはバンドも入っていて、とっても楽しかったです☆
[PR]
ハバナでは、Habana Vieja (旧市街)にあるホテルに泊まったので、旧市街と旧市街の西側のセントロのエリアは徒歩で観光ができたのですが、遠すぎて徒歩では行けないエリアは、旧市街の Parque Central という公園の前から出ている観光客用のバスを利用して観て回りました。

このバスは、料金が1人5CUC(=約5米ドル)で乗り降り自由。バスのガイドさんは英語でも説明をしてくれるし、結構頻繁に走っているので、なかなか便利でした。


Parque Central から出ているこの観光客用のバスは、T1 と T3 という2つのルートがあります。


T1 はダブルデッカーのバスで、Parque Central から、セントロの西側にある Vedado, Miramar, Playa というエリアを周り、その後旧市街の海沿いをぐるっと回って、Parque Central に戻ってくるというルート。 1周約1時間半ぐらいです。

Vedado、Miramar、 Playa のエリアは、旧市街に比べるとそれほど見所があるわけではないのですが、2階は天井がないオープンカーなので、Malecón という海沿いの道を海風に吹かれながら走るのは気持ち良かったし、ハバナのVedado にある革命広場 (Plaza de la Revolución) や、コロンブス墓地 (Necrópolis Cristóbal Colón) を訪れるにはとても便利です。


革命広場にあるホセ・マルティ記念碑(真ん中)と、チェ・ゲバラ、フィデロ・カストロの肖像が飾られた政府庁舎
d0154118_14341292.jpg


コロンブス墓地
d0154118_14354937.jpg


そして、T3 のほうは、ハバナ旧市街からトンネルを通って、ハバナ湾の東側にある要塞を経由して、Playas del Este というエリアの Santa Maria del Mar というビーチまで行って、また同じルートを通って、旧市街の Parque Central まで戻ってくるという片道約45分のルート。こちらのバスはダブルデッカーではなくて、普通の大きな観光バスです。


ハバナ湾東岸の要塞からは、ハバナの街が一望できます
d0154118_1437170.jpg
d0154118_14373992.jpg



Santa Maria del Mar の美しいビーチ
d0154118_14381610.jpg
d0154118_14384275.jpg


このT3のルートは、ハバナ湾の向こう側の要塞を訪れることができるし、Santa Maria del Marのビーチもとても綺麗なので、「キューバではハバナにしか滞在しないけど綺麗なビーチにも行ってみたい」という場合にはかなりオススメです。


値段も安いし、ツアーとは違って、自分で好きなように時間を組めるので、とても便利でしたよ! Habana Bus Tour と書いてあるバス停が目印です。
[PR]
1492年にコロンブスによって発見されてから400年もの間スペインの植民地だったキューバ。 そんなキューバの首都ハバナの町には、スペインのコロニアル様式の古い建物がたくさん残っています。

特に、La Habana Vieja と呼ばれるハバナ旧市街は、本当に素晴らしい建物で埋め尽くされています。
d0154118_9182083.jpg
d0154118_920106.jpg
d0154118_9203384.jpg
d0154118_9211683.jpg
d0154118_922542.jpg


碁盤の目状に路地が走っている旧市街では、路地ごとにそれぞれ違った雰囲気があって、そぞろ歩きが本当に楽しい!!
d0154118_9254653.jpg
d0154118_9313252.jpg
d0154118_932214.jpg
d0154118_9322517.jpg


こういう時間が止まったような独特の雰囲気は、1959年のキューバ革命によって共産主義国となり、1961年にはアメリカ合衆国と国交断絶、1962年にはキューバ危機による経済封鎖が始まったことによるものが大きいと思うのですが、その一方、建物のメンテナンスがされずに崩れかけている建物がたくさんあるという悲惨な状況も、やはり共産主義国となりアメリカ合衆国と国交断絶をしたことに帰しているのではないかと思うと、なんとも複雑な気持ちです。
 
d0154118_9333732.jpg
d0154118_934732.jpg
ハバナ旧市街が1982年にユネスコ世界遺産に登録されたことや、近年キューバが観光に力を入れていることもあって、旧市街はかなり修復作業が進んできていますが、こういう悲惨な状況の建物がまだまだたくさんあります。(っていうか、そういう建物のほうが多いかも。。。)

まあ、少し朽ちた雰囲気がハバナの魅力でもあるわけですが、昔は美しかったであろう建物がこんな風に廃墟のようになっていくのは、なんとも悲しいものがあります。


そして、旧市街のすぐ西側に広がるセントロハバナ(Centro Habana)と呼ばれる地域にも、古くて美しい建物がたくさん並んでいるのですが、この辺りの建物の保存状態はかなり酷いです。
d0154118_9354740.jpg
d0154118_9362868.jpg

このセントロのエリアは、旧市街のように観光地化はしていないのですが、ハバナに住むキューバの人々の生活も垣間見えて、この辺りを歩くのもなかなか面白かったです。


ハバナは治安も良く、どこでも気兼ねなく歩いていけるところが、とっても気に入りました。

旧市街からは遠くて歩いていけないところは、観光客用のバスを利用して回ったので、明日はそちらを紹介したいと思います。
[PR]
カナダのトロントから向かった国は、キューバ(Cuba)。
d0154118_22233253.jpg

上の地図(wikipediaからお借りしました)を見ても判るように、アメリカ合衆国のフロリダからは150キロも離れていないのですが、1961年以降アメリカ合衆国とキューバとは国交が断絶されたままなので、アメリカ合衆国からキューバへ行く飛行機は飛んでいません。

アメリカ合衆国と国交がないというイメージがあって、なんとなくキューバに行くのはとても難しいような気がしていたのですが、実際のところ、キューバは近年観光に力を入れていて、カナダ・中南米・ヨーロッパからは飛行機も飛んでいるし、スペイン系のメジャーなチェーンのホテルもたくさんあるんですね。

カナダからキューバというと、なんだかものすごく遠いような気がしてたのですが、トロントからハバナまでのフライトはわずか3時間半。 エアーカナダのフライトでは、機内でツーリストカード(ビザのような滞在許可)の用紙も配られるので、事前にビザを取得したりする手間も要らず、「あら、こんなに簡単に行けちゃうのね」って感じでした。


さて、今回、キューバでは、首都のハバナ(La Habana)に4泊しました。

ハバナの街は。。。

スペインのコロニアル様式の古い建物で建ち並び
d0154118_22245511.jpg
d0154118_22252445.jpg


レトロな車が走っていて
d0154118_2226096.jpg
d0154118_222658100.jpg


街中にカリビアン&スパニッシュの音楽に溢れていて
d0154118_22273520.jpg


とってもとっても楽しいところでした☆

撮った写真をまだきちんと整理できていないので、続きはまた明日!
[PR]