カテゴリ:旅行 [アメリカ]( 59 )

旅ブログの方に、昨年10月のアメリカ旅行記、アリゾナ州編をアップしました。

Rainbow Bridge
d0154118_20271125.jpg

Horseshoe Bend
d0154118_20272103.jpg

Grand Canyon
d0154118_20273467.jpg

Sedona
d0154118_20340000.jpg


Gerome
d0154118_20275015.jpg

やっぱりアリゾナ州は素晴らしい!!

詳しくはこちらをご覧ください。 → SOWHATの世界旅日記




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
[PR]
忙しくしていて、ブログの更新が滞っておりましたが、ようやく、10月のアメリカ旅行の「ニューメキシコ州編」を、旅ブログのほうにアップし終わりました。

ニューメキシコ州北部は、アメリカ原住民の文化が色濃く残る魅力的なところです。

d0154118_21165394.jpg

d0154118_21165850.jpg
d0154118_21170400.jpg

詳しくは旅ブログをご覧ください。 → SOWHATの世界旅日記



にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
[PR]
エルモロ国定公園を訪れた後は、ニューメキシコ州の州都 サンタフェ (Santa Fe) へ。

サンタフェは、米国らしからぬ、異国情緒溢れた素敵な町。

d0154118_08560231.jpg

詳しくは旅ブログをごらんください。
→ SOWHATの世界旅日記




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
[PR]
アリゾナ州のペトリファイドフォレスト国立公園を訪れた後、ニューメキシコ州へと移動してギャラップという町に宿泊。その翌日は、エルモロ国定公園 (El Morro National Monument) を訪れました。

d0154118_07190646.jpg

ニューメキシコ州北部の乾燥した高原に聳え立つ「エルモロ」という岩山には、900年もの長い年月に亘って、人々が岩壁に刻んでいった「落書き」が残ってるんです。 その落書きを見ると、「アメリカ先住民の歴史」「スペインによる入植の歴史」「アメリカ合衆国の西部開拓の歴史」というアメリカの歴史の変遷が判るという、なかなかユニークな国定公園です。

景色も素晴らしく、と~っても楽しいところでした。


詳しくは旅ブログをご覧ください。
→ SOWHATの世界旅日記



にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
[PR]
ハワイで5泊した後は、アメリカ本土へ。

今回のアメリカ旅は、アリゾナ州からニューメキシコ州北部を、2週間ほどかけて、車でぐるっと周りました。

→ 詳しい旅程は、こんな感じ

いつものスコッツデール(アリゾナ州)で、ゆっくりした後は、アリゾナ州北部にある ペトリファイドフォレスト国立公園 (Petrified Forest National Park)

d0154118_13443294.jpg

ここには、木の化石が、ごろごろと、いっぱい転がってるんですよ。

詳しくは、旅ブログのほうを読んでくださいね!
→ SOWHATの世界旅日記



[PR]

9月に日本経由でアメリカ本土に向かう途中、ハワイにちょこっと立ち寄りました。

30年前にワイキキビーチに行ってがっかりした私。それ以来、ず~っとハワイを避けていたのですが、今回は、ワイキキビーチのあるマウイ島は素通りして、火山の島「ハワイ島」と、落ち着いたリゾート地だという噂の「マウイ島」を訪れてきました。

ハワイ島
d0154118_14534751.jpg

マウイ島
d0154118_14544218.jpg

詳しくは、旅ブログをご覧下さい。
→ SOWHATの世界旅日記





にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
[PR]
3月の旅の記録を、旅ブログのほうにようやくアップし終わりました。

今回の旅行では、アメリカ合衆国のテネシー州のナッシュビルからアパラチア山脈を越えてノースカロライナ州のウィルミントンまで、約1080キロを車で横断。 南部の趣が残る街の散策がとても楽しい旅となりました。

テネシー州ノックスビル
d0154118_14571619.jpg


ノースカロライナ州ウィルミントン
d0154118_14573674.jpg



そして、アメリカ合衆国の旅の終わりは、いつもの通り、アリゾナ州スコッツデールでリラックス。 
スコッツデールの美しい自然を満喫してきました。

キャメルバックマウンテン
d0154118_14575791.jpg


マクドウェル・ソノラン自然保護区
d0154118_14581865.jpg




詳しくは、旅ブログをご覧下さいね。
→ SOWHATの世界旅日記



にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
[PR]

コスタリカに滞在した後は、再びアメリカ合衆国に戻って来て、サンディエゴ (San Diego) にやってきました。

サンディエゴは、メキシコ国境に近いカリフォルニア州南部の海に面した町。

d0154118_20265017.jpg


“メキシコ国境に近い” なんていうと、なんとなく治安が悪そうに聞こえるかもしれませんが、サンディエゴは、治安も良く、気候も良く、とても過ごしやすい町です。

もちろん、アメリカですから、サンディエゴの中でも治安が悪いエリアはあるとは思いますが、一般的に観光客が行くような場所はいたって安全です。 

昼間なら、ダウンタウンだって普通に歩けるし、トロリーという路面電車だって普通に使える。ロサンゼルスとは違って、コンパクトに纏まった町なので、とても動きやすい。


サンディエゴでは、シーワールド、バルボアパーク、オールドタウン、といった観光スポットも有名ですが、今回は、サンディエゴの町のすぐ北にあるラ・ホヤ (La Jolla) まで足を伸ばしました。

d0154118_20305350.jpg


高級保養地として知られるラ・ホヤには、ビーチがあったり、崖の上を歩く海辺の遊歩道があったり。 

d0154118_2031167.jpg
d0154118_20313750.jpg


風光明媚で、落ち着いた雰囲気のする、とてもステキな町です。

サンディエゴのダウンタウンからラ・ホヤまでは、車だと20~30分。 私たちはレンタカーをしていなかったので、トロリーでオールドタウンまで行き、そこから市バスを使って行きました。



さて、今回、サンディエゴにやって来た理由は、サンディエゴからアメリカを出国するから。
というのも、JALは2年ほど前から、成田⇔サンディエゴの直行便を飛ばしてるんですね。

サンディエゴの町はとても魅力的で居心地がいい。 小ぢんまりとしていて動きやすいし、空港からダウンタウンも近いので、トランジットに1~2泊するのに丁度いい。 

空港の規模も小さいので、入国審査にも時間がかからないと思うしね。

オーストラリアからアメリカへの直行便を使う場合には、サンディエゴに入ることはできませんが、日本経由にする場合には、サンディエゴ便を使うのは、なかなか良いですね。

もちろん、サンディエゴから先のアメリカ国内のデスティネーションがどこか、ということによっても利便性が変わってきますが、我が家の定番デスティネーションであるフェニックスにはサンディエゴからも直行便があるようなので、今後は、サンディエゴ経由にしたいな~なんて思ってます。




  にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]
ラスベガスを出発してから11日かけてユタ州南部〜アリゾナ州北部を回り、スコッツデールまでやって来ました。

スコッツデール (Scottsdale) は、アリゾナ州の州都フェニックスの東隣にある町。 砂漠のリゾート地として有名なところで、リゾートホテルやゴルフ場などもたくさんあるところです。

私も夫もこの町が大好きで、毎年のようにスコッツデールを訪れているので、いつもブログを読んでくださっている方は「またかい!」と思われてるかもしれませんが、大自然とシティライフがうまい具合に共存した上品で居心地の良いリゾート地です。


さて、今回、スコッツデールでは、ブログを通じて知り合った massuさんとランチをご一緒する機会に恵まれました☆

スコッツデールに駐在されている massuさんは、アリゾナ州のトレイルをあちこち歩かれています。 富士山よりも高いサンフランシスコピークにも登頂されたというからスゴイ!!
→ massuさんのブログはこちら

そんなmassuさんに、簡単に登れて景色が良い所ということで教えてもらったのが、ピナクルピーク(Pinnacle Peak) というトレイル。

スコッツデールには数えきれないくらい訪れているのに、このピナクルピークのトレイルは歩いたことがなかったので、翌日早速歩いてみました。

d0154118_12503386.jpg


ピナクルピークは、決して標高の高い山ではないのですが、視界を遮る物が周りにないので、トレイルからの眺望が素晴らしい!

d0154118_12513961.jpg
d0154118_12521128.jpg


ピナクルピークを取り囲むよう広がるゴルフ場やリゾートや豪邸、そして、周辺の岩山やマクドウェル山脈も見えて、とてもスコッツデールらしい景色です☆

ちなみに、このトレイルは、ループになっていないので、トレイルを最後まで歩くと、山の反対側に降りていってしまいます。 反対側に降りてしまうと、また同じ道を通って山越えをして出発地点に帰ってこなくてはならないので、トレイルの一番標高の高いところまで行って、出発地点に戻りました。

駐車場からピナクルピークを見上げた時は、結構標高差があるように見えたのですが、トレイルの出発点から最高地点までの標高差はわずか100mほど。 頂上まで登って戻ってくるだけなら距離も短いので、意外と簡単にささっと登って降りて来れます。時間をかけずにスコッツデールらしい眺望を楽しみたい時にはおすすめのトレイルですね。

→ Pinnacle Peak のウェブサイトはこちら

++++++++++++++

スコッツデール滞在中には、いつものゲートウェイループ(Gateway Loop)というトレイルも歩きました。

d0154118_12574853.jpg


ゲートウェイループは、マクドウェル・ソノラン・プリザーブ(McDowell Sonoran Preserve)という自然保護区にある距離4.5マイル、標高差650フィートのトレイル。

d0154118_12582163.jpg


標高差はピナクルピークの約2倍、歩く距離も長いのですが、コンスタントな昇りがずっと続く訳ではないので、意外と簡単に歩けちゃいます。

ピナクルピークのほうは、周りに住宅やゴルフ場などが広がるエリアにポツンと聳えたつ岩山でしたが、こちらはマクドウェル山脈の中にあるので、ピナクルピークとはまったく違った趣のトレイルです。

→ Gateway Loop のウェブサイトはこちら

++++++++++++++

実は、massuさんには、キャメルバックマウンテン(Camelback Mountain)を勧められたのですが、やっぱり今回も手がでなかった。。。 

キャメルバックマウンテンは、昇りがかなりきつそうなので、ついつい尻込みしてしまうんだけど、スコッツデールの象徴とも言えるキャメルバックマウンテンには、やっぱり一度は登るべきだよね、と、今更ながらちょっと後悔。 

ハードすぎたら途中で戻ってくればいいんだし、来年は登ってみようか??



  にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]

今日は、セドナ周辺の寄り道スポットを2カ所紹介します。


先ずは、セドナの町のすぐ北にある、スライドロック州立公園 (Slide Rock State Park)

d0154118_11482129.jpg


赤茶色の岩場を流れるオーククリーク (Oak Creek) で、ウォータースライダーみたいな水遊びができることで有名な場所。

正直言うと、私は、この州立公園に来ると、いつも、ちょっとがっかりした気分になります。

水遊びのできる夏は人が多すぎだし、水遊びのできない時期は、トレイルがたくさんあるわけでもない。。。

とは言え、スライドロック州立公園の周辺は、両側に山が迫るオーククリーク渓谷沿いの景色が素晴らしいところ。 スライドロック州立公園のあるルート89Aは、おすすめのドライブルートです。

→ スライドロック州立公園のウェブサイトはこちら
入園料は車一台で$10。 州立公園なので、Red Rock Pass や 国立公園のパスは使えません。 


+++++++++++++++++

もうひとつの寄り道スポットは、セドナの南にある、モンテズマ・キャッスル国定記念物(Montezuma Castle National Monument)

モンテズマ・キャッスル国定記念物には、西暦1100年〜 1300年頃に築かれたアメリカ先住民(シナワ族)の遺跡が残っています。

d0154118_1150055.jpg

地上から27メートルの高い崖の中にシナワ族によって築かれた住居 

シナワ族の人々がこの場所に定住した理由は、崖のすぐ下に、ビーバークリークという小川が流れているから。

d0154118_11503918.jpg


小川が流れているため、ここには、木々がたくさん繁っています。

d0154118_11511582.jpg


こんなに高い所に住居を築いたのは、川が氾濫した時に被害に遭わないためや、敵族から攻められないように、というのが理由のようですが、普段ははしごを使って昇り降りをしていたそうです。

とても小さなナショナルモニュメントですが、遺跡好きの人にはおすすめ。 遺跡まではビジターセンターからほんの少し歩くだけなので、ささっと観光できるし、セドナ〜フェニックス間のハイウェイ沿いにあるので、移動途中にちょこっと寄り道できるスポットです。

→モンテズマ・キャッスル国定記念物のウェブサイトはこちら
入園料は一人$5。 国立公園の共通パスが使えます。



  にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]